ABCゴルフ倶楽部

「ABCゴルフ倶楽部」の所在地は兵庫県の播磨地方の東側に位置する加東市(かとうし)で、1985年(昭和60年)開場で「マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 」が舞台のゴルフ場です。

加東市は「ゴルフのまち」「山田錦のまち」「自転車のまち」と宣伝されています。
特に「ゴルフのまち」の加東市には大阪・神戸から1時間。毎年約80万人ものゴルファーが訪れるそうです。

スポンサーリンク

「ABCゴルフ倶楽部」概要

「ABCゴルフ倶楽部」は2008年(平成20年)から男子プロのトーナメントが毎年10月最終木曜日~日曜日にかけて、男子プロゴルファーの熾烈な争いが始まる「秋の陣」の初戦として位置づけられている【マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 】が舞台のゴルフ場です。

高低差17mのフラットな地形の中に広いフェアウェイにアクセントをつける90個のバンカーと大小12の池の配置が効果的でTV中継を想定した最終3ホールは、美しい池を囲んで戦略的です。

特に優勝が頭をよぎる最終の18番はグリーン手前にくい込んで作られた池があり、2オン狙いか3オン狙いかの判断を迷わせる設定で、石川遼プロが3打目の見事なウオーターショットで優勝したのが印象に残るトーナメントの舞台を想定して設計された本格的なコースです。

プレーヤーひとりひとりの物語を彩る舞台
時には戦略的に、時にはより美しく。過去のトーナメントで数々のドラマが生まれた丘陵コース

【ABCゴルフ倶楽部】は1985年(昭和60年)鈴木正一氏、佐藤健氏、の手による設計の下、関西にはめずらしいフラットでタフなコースとして開場。
以来、「日本女子プロゴルフ選手権」「ラークカップゴルフ」フィリップモリス チャンピオンシップ」「ABCチャンピオンシップ」などの舞台として、さまざまな名勝負を育んできたゴルフ場です。

また、LPGAのステップ・アップ・ツアー「ABCレディース」も開催されるようになり、女子ツアーにも力を入れられてゴルフ人気の復活にも貢献されている名門のコースです。

プレー費はチョット高めですが、プレーされると納得されると思いますよ。

高低さ17メートルのフラットな地形で、各ホールとも幅が広くブラインドのないのが特徴。
グリーンはベント芝 1グリーンで、7235Yと距離も長く、プロ・トーナメント用に設計されている。

 

マイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメント 優勝者名

第38回 2008年10月30日 – 11月2日 石川遼   -9
第39回 2009年10月29日 – 11月1日 鈴木亨     -14
第40回 2010年10月28日 – 31日 金庚泰      -13
第41回 2011年10月27日 – 30日 河野晃一郎      -15
第42回 2012年10月25日 – 28日 ハン・リー      -17
第43回 2013年10月31日 – 11月3日 池田勇太    -15 
第44回 2014年10月30日 – 11月2日 小田龍一    -21 
第45回 2015年10月29日 – 11月1日 金庚泰       -12
第46回 2016年10月27日 – 30日 片山晋呉         -12 
第47回 2017年10月26日 – 29日 小鯛竜也         -13
第48回 2018年10月25日 – 28日  木下裕太        -15
第49回 2019年10月31日 – 11月3日 黄重坤       -19
第50回 2020年11月5日 – 8日

 

兵庫県加東市永福933-20
TEL:0795-47-1000
FAX:0795-47-1576
予約専用TEL:0795-47-1577
運営会社:株式会社ABCゴルフ倶楽部

公式サイト:https://abc-golf.co.jp/

カード:VISA・JCB・DC・セゾン・ダイナース・UFJ・UC・TS3

開場日:1985年(昭和60年)10月1日 
設計者:鈴木正一氏 佐藤健氏     丘陵コース
面積:100万m² OUT・IN 18ホール Par 72 7235ヤード ベント(ペンクロス)1グリーン
コースレート:74,9
フェアウェイ:コーライ(ゼブラカット) ラフ:ノシバ バンカーの数:78 池が絡むホール数:9 レギュラー:6740ヤード
ラウンドスタイル:全組キャディ付き。 自走式・乗用カート(5人乗り)。

ドラコン推奨ホール 4番 18番
ニアピン推奨ホール 3番 16番

鈴木正一氏の設計・関西のゴルフ場
1989年(平成元年)美奈木ゴルフ倶楽部
1990年(平成2年)関西ゴルフ倶楽部 (監修)

1991年(平成3年)キングスロードゴルフクラブ
1995年(平成7年)タイガースゴルフクラブ(現在・東条パインバレーゴルフクラブ)

 

【練習場】

打席数:14打席 距離:216ヤード アプローチ練習場・バンカー練習場・パティンググリーン完備

【車】
yaris_車種一覧画像

中国自動車道/ひょうご東条IC 4 km
ひょうご東条ICで降り、出口正面の交差点(ひょうご東条インター前)を右折する。
50m先の信号(南山東)を右折する。
直進して、中国自動車道を越え次の信号(永福)を右折すれば一本道です。
永福の交差点から約5分程です。

 

「ABCゴルフ倶楽部)コース概要

「ABCゴルフ倶楽部」はゴルフを愛する人なら一度は訪れてみたい完成度の高い名門コースです。

各ホールともティからグリーンが見えるのも特長のひとつです。

コースというものは、難しいだけだとレイアウトの美しさが失われるし、かといって、美しいだけのコースじゃ物足りないので戦略性と美しさの融合を突き詰められたコースになっています。

広いフェアウェイにアクセントをつける90個のバンカーと大小12の池の配置が効果的で、この「ABCゴルフ倶楽部」の18ホールは、戦略性と景観の美しさが絶妙なバランスで融合しているコースだと思います。

2004年(平成16年)には2グリーンを、戦略性を重視したベントの1グリーン化で、グリーンは大きく広く、2段グリーンが3段グリーンになるなど大改造され、手入れの行き届いたニューベントグリーンに変わりました。

グリーン周りのガードバンカーは深くアゴが突き出ているものも多く、思わぬ打数を叩いてしまうこともあります。

そして2008年(平成20年)全てのバンカーの砂をベトナム産の美しい砂で目にも鮮やかな白い砂へと入れ替えられ、セカンドショットでより高い正確性が求められるようになっています。

さらに攻略の難しい「ABCゴルフ倶楽部」へと変貌いたしました。

トーナメントで勝負の行方を左右する上がり3ホールは「季節」をテーマとして作られています。
紅葉が美しい16番ホールは「秋」
様々な桜が咲き誇る17番は「春」
サルスベリが鮮やかな18番は「夏」
ラウンドの中で「粋」「美」をさりげなく感じられるのも、「ABCゴルフ倶楽部」の醍醐味だと思います。

この3ホール以外では15番でも、左が崖になっていて、その奥はOB。
あの地獄谷の恐ろしさは、ミスしたことがある者ならわかると思います。

このように、ABCのコースには「絶対に打ってはいけない所」というポイントが数か所あります。

逆に、「入っても怖くないバンカー」「つかまっても困らないラフ」もあります。

そこをきちんと押さえることが、スコアメイクの鍵となります。
と、所属プロが進言されています。

コース攻略の鍵を握るのは、正確なボールコントロールとコース上の池やバンカーがプレイヤーにとって大きなプレッシャーになります。

中でもバンカーには注意が必要で、ベトナム産のキメ細かい砂には、一度捕まるとバンカーショットで飛距離を出すのは至難のわざです。

堅実で緻密なプランニングと、ターゲットをピンポイントで狙える正確なショットができなければ、プロでもスコアを大きく崩す可能性もあるコースです。

 

「ABCゴルフ倶楽部」感想

「ABCゴルフ倶楽部」関西では珍しいほどのフラットなコースでFWも広く、私は飛ぶ方ではないのでスコアに挑戦せずに、コースと対話するように心がけました。

飛ばし屋さんは結構楽しめるコースで、本当の実力を知る上で是非、挑戦されると良いと思います。

クラブハウスやコースや施設等すべてにおいて、きれいで丁寧に整備されているコースです。

コースは見た感じでは、そんなに難しいコースと思いませんでしたが、隠された戦略性があり難しく、よく締まった速いグリーンはキャディさんのアドバイスがないとかなりしんどいと思います。

グリーンに近づくほど難しいシチュエイションで待っていてくれたはります。

ボールが見えないくらいの深いラフに入れてしまうと出すのに一苦労。

それと、白い砂のバンカーはただ者ではありませんし、バンカー淵の芝もカットされているのにはビックリ。

18番はテレビでみてた印象と異なり案外フラットなので驚きました。

景色もTVで見ている方がきれいです。

チョット、敷居が高いゴルフ場ですが、チャンスが有れば是非プレーしてみて下さい。
プロの凄さがわかるゴルフ場です。

スポンサーリンク