青山台ゴルフ倶楽部

「青山台ゴルフ倶楽部」が造られた地域は、2019年(令和元年)5月1日より、市名が「篠山市(ささやまし)」から変更され「丹波篠山市」になりました。

歴史と文化と自然に恵まれた丹波篠山市は山々が連なる間に盆地状の地形がつくられ、年間を通じて昼夜間の寒暖差が大きく、秋から冬にかけて発生する「丹波霧」は豊かな緑を幻想的に覆います。
こうした特有の気候風土により育まれる「丹波黒大豆」「丹波栗」「丹波大納言小豆」「丹波山の芋」などは丹波ブランドとして全国に知られ重宝されています。

 

スポンサーリンク

青山台ゴルフ倶楽部 概要

「青山台ゴルフクラブ」は旧丹波国として古来、京都への交通の要として栄えてきた歴史があり、町並みや祭りなどに京文化の影響を色濃く残している歴史と文化と自然に恵まれた丹波篠山市に、1974年(昭和49年)に開場した歴あるゴルフ場です。

ゴルフというスポーツに最適の環境をそなえたこの地に、「青山台ゴルフ倶楽部」はゆったりと広がっています。
戦略性に富んだスリリングなアウトコース。
ゆるやかな地形を生かしたフラットなインコース。
あちこちに点在する古木に悠久の時を思い、四季それぞれの表情に心なごませてくれます。
そして、雄大な多紀連山を望みながら、個性あふれる18ホールをラウンドが楽しませてくれます。

ここには、ゴルフを愛する人にとってまさに至福とも言うべき時間が満ちています。
丹波篠山市の中央の田園に囲まれたフラットで落ち着いた丘陵コースで、春は桜、秋はコースから望む多紀連山の紅葉が美しい四季それぞれの表情に心なごませるゴルフ場です。
訪れるたびに新しい表情を見つけられるドラマチックコースが「青山ゴルフ倶楽部」です。

{B661DAC5-9834-46A6-82AD-2747D48F924A:01}

 

兵庫県篠山市和田東勝山32-1
TEL:079-552-4980
FAX:079-552-4984
公式サイト:http://www.aoyamadai.co.jp/

カード JCB  VISA  MASTER  アメックス

開場日 1974年(昭和49年)4月29日
設計者 大川照雄氏
面積 80万m2 OUT・IN 18ホール パー72 6580Y
グリーン数:2(ベント芝・高麗芝)
フェアウェイ:コーライ  ラフ:コーライ  バンカーの数:86 池が絡むホール数:4  レギュラー:6281ヤード
コースレート  69.6(OUT・IN・コーライ) 71.4(OUT・IN・ベント)
ラウンドスタイル 全組セルフプレー・リモコン式 電磁誘導乗用カート(5人乗り)でのラウンド。

golf19-02.jpg

関西プロゴルフ選手権大会は、関西プロゴルフ協会(現在の日本プロゴルフ協会)が1931年(昭和6年)に創設され、途中、戦争のため中断され、1990年(平成2年)に廃止されたプロゴルフの大会である。

1984年(昭和59年)関西プロゴルフ選手権開催コース 優勝者 杉原輝雄プロ  

【練習場】

 

練習場は40打席。青空のもと250Yの爽快感。スタート前のスイングチェックにご利用ください
スタート前のパター練習にどうぞ、アプローチ練習場あり

 

【車の場合】

舞鶴若狭自動車道/丹南篠山口ICより8㎞(15分)
丹南篠山口ICを出て左折し直進、三差路を道なりに右へ3つ目の信号を左折、つきあたりを右折、すぐ左折してコースへ。
京都縦貫自動車道/千代川ICより25㎞(30分)
また県道川西篠山線を利用し曽地口へ出るルートもあります。

 

青山台ゴルフ倶楽部 コース概要

 

あちこちに点在する古木に悠久の時を思いをはせ、雄大な多岐連山を望む、緩やかな地形が生かされた個性あふれる比較的フラットな18ホール。

コースはオーソドックスなレイアウトで、ドッグレッグは2ホールのみと少なく、ストレートホールが多く、多少アップダウンがあるが、打ち上げ・打ち下ろし、ドッグレッグに谷越えありとバラエティに富んだ、飽きのこないレイアウトになっている戦略性の高い丘陵コース。
狭いホールもあるが、片側サイドが法面となっているので、スコアはまとめやすい。
ここには、ゴルフを愛する人にとってまさに至福とも言うべき時間が満ちており、お薦めのコースです。

 

アウトコース PAR 36  ヤード数 Back: 3165Y Regular: 3165Y

穏やかなアンジュレーションをもつ丘陵コースだったが,1980年(昭和55年)の大改造でロングホールはフラットなコースに変容。
起伏があり、フェアウェイも多少狭いうえ、池越え、谷越えなどバラエティに富んだホールが多く戦略性に富んだ適度な緊張感を要するスリリングなアウトコース。
6,8番は池越え。
全ホール2打地点からグリーが見えパーオンしやすいがティショットの落下地点が難しいと言われています。

インコース PAR 36  ヤード数 Back: 3231Y Regular: 3231Y

インは緩やかな地形を生かした、距離も幅もゆったり、随所に古木が点在し、いかにも名門の風格があります。
杉・桧・竹の多いコースだが 15~18番は完全な林間コースの趣き。
特に14番ロングホールは、セカンドショットで距離を稼ぎに、いくとOBが出やすく、コースマネジメントが試される設計となっている。
池も多く、16番など池越えに苦労させられる名物ホール。
特に春と秋のペンクロスベントの管理がよく、多くのゴルファーに喜ばれている。

 

青山台ゴルフ倶楽部 感想

 

コースからの景色も綺麗でコースメンテナンス、グリーンもまずまずです。
コースにはアップダウンが少しありますが、うまいレイアウトで、各ホール、長短もあり、メリハリのある面白いコースですよ。
プレッシャーのかかるティーショットも多く感じましたし、前の見えないホールも多いかったが、コース自体は悪くないと思う。

バンカーは砂が殆どなく、「固い土」状態の所が有りますので、ホームランには気をつけなければなりません。

そして、グリーンの奥があまりなく、オーバするとすぐOBですので、気をつけましょう。

アウトはピンも見え気持ちよくプレー出来ましたが、インはブラインドホールが多く打つ方向感がつかみにくかったという点はありました。
カートにナビがあると助かると思いました。

アベレージゴルファーにはお薦めのコースです。

スポンサーリンク

 

 

 

 

ドラコン推奨ホール 3番,16番
ニアピン推奨ホール 8番,17番