旭国際宝塚カンツリー倶楽部

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」は風格ただよう三蔵山(411.4m)の南西麓に位置し、松や杉など多くの樹木、池や清流を巧みに配し、決して逸ることなく培い続けた歴史と伝統、香しきまでのグレードが演出された全18ホールのゴルフ場です。

三蔵山は、猪名川町中部の木津地区からお隣の宝塚市にまたがり、木津地区からは、標高411メートルの三蔵山とその隣の標高373メートルの山の2つの山を臨むことができます。
地元では、高三蔵(411メートル)と低三蔵(373メートル)と呼ばれ親しまれています。
その位置関係から三蔵山城は、一城二郭(主郭が2つある)の構造ではなかったのかということが想像できます。

スポンサーリンク

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」概要

三蔵山の麓に広がる丘陵コース。フラットでフェアウェイも広いので、スコアはまとめやすい。

グループの系列コースとして、他に「旭国際姫路GC」「旭国際浜村温泉GC」。
また相互利用提携コースとして、「東条の森CC」の東条C・宇城C・大蔵Cがある。

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」1966年(昭和41年)開場の歴史あるゴルフ場です。
運営会社は「旭国際開発(株)」で、1965年(昭和40年)5月に設立されたゴルフ場経営業者です。

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」を皮切りに、1972年(昭和47年)12月に「旭国際東條カンツリー倶楽部」(兵庫県東条町、45ホール)、78年4月には「旭国際浜村温泉ゴルフ倶楽部」(鳥取県鳥取市、36ホール)をオープンさせるなど合計5ヵ所のゴルフ場を開発。

ゴルフ場の運営を主体に、付帯するレストラン・ホテルの経営を行い、ピーク時の93年3月期には年収入高約82億8900万円を計上していた。
運営するゴルフ場でプロゴルフトーナメントを開催するなど、近畿地区では名門コースとして高い知名度を有していた。

その後のゴルフ環境が激変、不況の長期化による法人利用の減少やゴルフブームの沈静化により、2006年(平成18年)5月31日付で神戸地裁へ提出した、2006年(平成18年)12月19日に再生計画案が認可決定し、「旭国際東條カンツリー倶楽部」(兵庫県東条町、45ホール)他が売却され、平成22年3月9日、旭国際開発(株)が再生手続終結の決定を受けました。(椿ゴルフより参照)

兵庫県宝塚市下佐曽利字大谷4-12
TEL:0797-91-0301
FAX:0797-91-1018
公式サイト:http://www.asahi-takarazuka.com/

カード  JCB  VISA Master アメックス ダイナース

開場日 1966年(昭和41年)10月8日
設計者 長谷川岱二氏

面積 65万m² OUT・IN 18ホール PAR71  6,583Y 丘陵コース
コースレート (OUT・IN・ベント(Aグリーン))70.0 /(OUT・IN・ベント(Bグリーン))69.8
ベント(ペンクロス)グリーン数:2 フェアウェイ:コーライ ラフ:コーライ 池が絡むホール数:6
レギュラー:5952ヤード

乗用カート


2013年4月下旬より電磁誘導カートを導入し、より快適に安全なプレーをしていただけます。
ラウンドスタイル :キャディ付きかセルフの選択制。
GPSナビ付き乗用カート(5人乗り・リモコン式)使用。

アクセスもよく、お薦めのゴルフ場です。

【練習場】

練習場
練習場

40ヤード 9打席 バンカー・アプローチ練習場・パッティング練習場あり

【車の場合】

阪神高速道路「木部第2 IC」より17Km
阪神高速道路「川西小花IC」より18Km ICを降り左折、その後住友銀行角を右折し清和台を経由、または中国自動車道池田ICから国道176号を中国自動車道に沿って進み、久代を右折し清和台を経由、川西三田線に入りコースへ。
新名神高速道路・川西 10km以内
新名神高速道路・「宝塚スマートIC」10km以内
中国自動車道「宝塚IC」より22Km
中国自動車道「神戸三田IC」より18Km

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」コース概要

三蔵山の麓に展開する風格溢れるコース。
フラットでフェアウェイも比較的広く、爽快なプレーが楽しめます。
コースは戦略的にも楽しめる設計で、ペント・ツーグリーンの攻めと守りが要求されるコースレイアウトになっています。

フラットでフェアウェイも広いので、スコアはまとめやすく、ホールごとに特色があって、ラウンドしていてとても楽しいゴルフ場です。

OUTコース PAR 35  ヤード数 BACK(A green): 3297Y REGULAR(A green): 3106Y Ladies: 2465Y 

樹木、清流、池。醍醐味溢れるOUTコース

松林とグリーン手前を横切る清流が美しい景観を彩る美しい9ホールです。
松、杉などの樹木が多く打上げと打下ろしが多かったし、池越え等、変化に富んでいて戦略性が高いコースです。
フェアウェイは広く距離も短か目ですのでスコアはまとめやすい。
特にショートホールはむつかしく技量が要求されます。
ショートホールが3つあるので、パー35となっています。

INコース PAR 36  ヤード数 BACK(A green): 3286Y REGULAR(A green): 3078Y Ladies: 2461Y

フラットでコース幅も広くて雄大なレイアウトとなっていますので、のびのびとショットできます。
大胆な攻めもしやすいですが、ミドルホールは距離が長めに設定されているホールもありますのでドライバーの飛距離が200ヤードくらいの方は特に、パーをとるのは難しいのでアプローチで頑張ってもらわないと・・・
苦戦を強いられるかもしれません。
豪快なショットを楽しめる雄大なINコース比較的平坦でした。

「旭国際宝塚カンツリー倶楽部」感想

クラブハウスは古く歴史を感じ、昭和の匂いがして個人的には好きなゴルフ場です。
接待でお世話になったゴルフ場で久しぶりに友人と楽しみました。

ゴルフ場に人が溢れてる絶頂期を知っているので、寂れ感がすごく感じました。

3コースあったのが、1コースを隣にできた霊園に売却されたそうです。

手入れも行き届いておりコースは綺麗に整備されていて、気持ちよくプレーできました。

上級者には不満があるかもしれませんが、幅広いレベルのゴルファーにうけるコースと思います。

コースも兵庫県特有の打ち下ろしの打ち上げでおまけに、砲台グリーンときているコースです。

フェアウェイも広くて多少アップダウンはあるものの上手く距離感が合えば距離も短いので比較的まわりやすいコースですよね。

グリーン周りにたくさんバンカーがあり、バンカーに掴まらないようにラウンドしました。

適度にバンカーや池、木などの障害物が配置されており、簡単にスコアは出させてくれません。

またパーオンできてもグリーンに傾斜も有るし、芝の目によって早かったり遅かったりで難しかしく簡単にはパーはとらせてくれません。

特にショートホールと距離のあるミドルホールを上手く攻めないと満足するようなスコアをクリアするのが難しいコースです。

新名神も開通し、渋滞の心配もありません。

プレー費も安く設定されており、土日はちょっと混雑があるようですが、お薦めのゴルフ場です。

スポンサーリンク