泉ヶ丘カントリークラブ

「泉ヶ丘カントリークラブ」は、1975年(昭和50年) 大阪府堺市に開場した、大阪の名門のゴルフ場です。
私の私見ですが、大阪府の泉北丘陵住宅地区開発事業によって「泉北ニュータウン」が計画され、事業期間は1965年(昭和40年)12月から1983年(昭和58年)3月まで、そして、まちびらき(入居開始)は1967年(昭和42年)12月、それを見越して作られたゴルフ場が「泉ヶ丘カントリークラブ」だと思っています。

ちょうど、その頃から、プロ野球で名をはせることができなかった、ジャンボ尾崎プロが野球の神様・仏様と呼ばれた稲尾和久・西鉄ライオンズのピッチヤーから「お前は野球よりゴルフに向いていると諭されゴルファーに変身した」尾崎将司プロが台頭して来てそれに刺激された、青木功プロや金井清一プロ、島田幸作プロ、中島常幸プロなどが躍起になってジャンボ尾崎プロの台頭を迎え撃つようと頑張った時期と重なり、ゴルフ人気が出始めた頃に造られたゴルフ場が「泉ヶ丘カントリークラブ」です。

 

泉北ニュータウン

見出し画像

大阪府堺市南区南部および和泉市東部の丘陵地帯に大阪府が計画・建設したニュータウン。

大阪府の泉北丘陵住宅地区開発事業によって計画され、事業期間は1965年(昭和40年)12月から1983年(昭和58年)3月まで、まちびらき(入居開始)は1967年(昭和42年)12月、開発面積は約1,557ha(堺市:1,511ha、和泉市:46ha)、計画戸数は約54,000戸(堺市:53,500戸、和泉市:500戸)、計画人口は約18万人[1]。2019年(令和元年)12月時点で、約56,200世帯、約119,700人が居住する。

石津川と和田川が形成する2つの侵食谷によって泉北丘陵が3つに大分されるため、泉北ニュータウンは泉ヶ丘(いずみがおか)・(とが)・光明池(こうみょういけ)の3地区で構成されており、各地区に泉北高速鉄道線の泉ケ丘駅・栂・美木多駅・光明池駅が設置されている。

 

スポンサーリンク

「泉ヶ丘カントリークラブ」 概要

2012年「関西オープンゴルフ選手権競技」期間:8月16日から19日
泉ヶ丘カントリークラブ(大阪府)◇6929ヤード(パー71)も開催された名門ゴルフクラブです。
優勝者は武藤俊憲プロ 通算18アンダー Total 266ストローク


画像はGDOより
「泉ヶ丘カントリークラブ」は開場後40年以上の歴史ある古豪のゴルフ場。
大阪府南部の山間部に位置し、府内とは思えない広大な自然
恵まれた丘陵地にゆったりとレイアウトされている。

40年を超える星霜はコースの表情に威風堂々とした風格と落ち着きを与えています。

「泉ヶ丘カントリークラブ」の運営会社は泉ヶ丘観光開発株式会社。
1972年(昭和47年)大阪府堺市に、運営会社・泉ヶ丘観光開発株式会社設立。
1975年(昭和50年)1975年8月23日、「葛城」「岩湧」「金剛」の3コース27ホールで開場。
2000年(平成12年)3コースすべてをベントグリーンに改造。

27ホール全てに、異なった個性を持つベント1グリーンの丘陵コース。

 

大阪府堺市南区豊田2990-226
TEL:072-292-8500)
FAX:072-293-1617
公式サイト:http://www.izumigaoka-cc.com/

カード: AMEX DC JCB UC VISA アメックス ダイナース MasterCard

開場日:1975年(昭和50年)8月23日
設計者:宮澤長平氏(東急系のコースを数多く手がけた設計家)

面積 117万m2 葛城コース・岩湧コース・金剛コース 27ホール パー108
10,575ヤード  ベント 1グリーン

フェアウェイ:コーライ 刈り方:ゼブラカット ラフ:ノシバ バンカーの数:90 池が絡むホール数:7 レギュラー:9908ヤード

コースレート  74.5(金剛・葛城・ベント) 74.2(岩湧・金剛・ベント 74.9(葛城・岩湧・ベント)

 

 

全組キャディ付き。
リモコン式・乗用カート(5人乗り)使用。

 

 

【練習場】

コースと同じ速さに揃えられた練習グリーン
アプローチ・バンカー練習場(ドライビングレンジはありません)

 

【車の場合】

アクセスは松原JCT(阪和自動車道)13.4キロ→堺IC(泉北2号線)7キロ→コース所要時間30分 堺ICを下りて左折し、泉北2号線を泉北ニュウタウン方面に進む。泉北高速鉄道高架下をくぐり、敷物団地を経てコースへ。または阪神高速湾岸線の助松JCTから堺泉北道を経て泉北2号線へ入るルートもある。とてもアクセス良いですし、本当に気持ちの良いゴルフ場ですので、是非、一度はラウンドしていただきたいと思います。

 

「泉ヶ丘オープン」が毎月の火曜日と金曜日に開催されています。
一人でも参加出来ますので、ゴルフ場のHPのイベント欄で確認出来ますよ。

平日の火曜日・金曜日
料金は月によって変更となりますので、詳細をページでご確認ください。
お一人参加大歓迎
優勝・飛び賞に豪華賞品
全員にもれなく参加賞

 

「泉ヶ丘カントリークラブ」コース概要

「泉ヶ丘カントリークラブ」の、コースは、葛城、岩湧、金剛の27ホールで構成され、全ホールがそれぞれ異なった個性を持っているためにプレーにはまったく飽きを感じさせないコース設定になっています。

設計は、ゴルフの真髄を知る正統派の設計家といわれる、宮沢 長平氏が会心のデザインで描き出し、後に耽美派の、古波蔵 力氏が改造監修に加わり絶品のチャンピオンコースに仕上げています。

同コースの特徴は個性的なホール構成に加え、高速グリーンに悩まされます。

GDO主催のオープンコンペで、初めてプレーした1ホール目、キャディさんに早いですよ、と忠告されたので、気をつけてパットしたのですが・・・ボールがカップを過ぎてもグリーン上に止まらずグリーン外へ・・・! びっくりした経験があります、それから2~3ホール引きずった記憶が今でも鮮明に残っています。
開催時は10フィートくらいの設定でした。

芝は「ペンAー1」(マスターズの舞台オーガスタナショナルGCでも使用)といわれるベント種で葉の1枚1枚にまで気を配ったメンテナンスで最高のパッティングクオリティーを生み出しています。

また、グリーンを囲むバンカーは白砂(希少なベトナム産)でアクセントがつけられ、美しい造形美を創り出している。

2012年には「関西オープンゴルフ選手権競技」の舞台ともなり、完成度の高さを全国区でアピールしたそうですよ。

岩湧コース 【ヤーデージ – 3,499ヤード】【ホール/パー – 9H/Par36】【コースレート 36.2】

特徴は、もっとも高台にレイアウトされたコースであることから、木々と芝生の緑、大きく広がる空の間に大阪湾が一望できるのが岩湧コース。

ロングヒッターには、ビッグドライブで攻め甲斐のあるコースセッティングになっています。
ティーインググラウンドから全ホールともグリーンが見通せるフラットなコースだけに、1番ロング、7,8番の長いパー4は飛距離が出ないとパーセーヴは難しい設計になっています。

パーオンが難しく、グリーン周りのアプローチがスコアメイクの鍵となるでしよう。

FWもわりとフラットなコースのため豪快なゴルフプレーが求められます。
グリーンが広く大きので乗せるのはやさしいが、微妙なアンジュレーションがあるのでパットは難しい。

ニアピン推奨ホール – 3番/パー3/177ヤード
ドラコン推奨ホール – 7番/パー4/436ヤード

 

葛城コース 【ヤーデージ – 3,602ヤード】【ホール/パー – 9H/Par36】【コースレート 36.5】

特徴としては、葛城・岩湧コースに比べメンタルなホールが多く、なんといっても谷越えが多く、これを攻略するには正確なショットが必要とされています。

谷やハザードなど視覚的なトラップが多く、プレーヤーにメンタルな試練を与えるコース設定。

プレーするたびに違ったドラマを見せるこのコースの、奥深さの象徴です。

特にこのコースのフィニッシングホールとなる9番ロングは、ティーショット、セカンドショットともに谷越えとなる名物ホール。

否応なくプレーヤーそれぞれの心とショットの技量が最大限に引き出される設計は、心枝を自在に操ることのできない、ゴルフの「もどかしい魅力」の一つを味わうことでしょう。

ニアピン推奨ホール – 3番/パー3/190ヤード
ドラコン推奨ホール – 7番/パー4/458ヤード

 

金剛コース  【ヤーデージ – 3,474ヤード】【ホール/パー – 9H/Par36】【コースレート 35.9】

特徴としては、距離はそれほどないが、クロスバンカーやドッグホールが多く
距離よりも“正確に運ぶ好打”でショットする正確性が要求されるコース。

ティーショット如何では難易度が変わる最も戦略的なコース。

第1打の目標の置き場が難しく攻略ルートをいかにトレースできるか・・・が試されるコースです。
またクロスバンカーをどう攻略するかがスコアメイクのカギです。
その象徴となるのが、2番(ロング)・6番(ミドル)・8番(ミドル)のドッグレッグホール。

ティーショットの落とし所によってはセカンド以降のショットの難易度が増す設計。
コース攻略のキーホールとなるこの3ホールを無難にクリアできれば、好スコアも期待できます。

ニアピン推奨ホール – 7番/パー3/184ヤード
ドラコン推奨ホール – 8番/パー4/433ヤード

グリーンコンディションについて

「泉ヶ丘カントリークラブ」の一番の特徴であるグリーンは、マスターズトーナメントが開催されるオーガスタナショナルGCでも使用されていたペンA-1という品種の芝です。

そのペンA-1を葉の一は勿論、見た目の美しさも満足して頂ける仕上がりになっております。

また、全米オープンなど海外のメジャートーナメント開催コースでも実施している極少水量施肥という特殊な技法を取り入れている為、葉は常に細く均一で、ボール枚一枚まで気を配り整備を行っている為、クオリティーの良さの転がりが非常に滑らかです。

年間を通して9フィート以上のスピードを維持し、秋のクラブ選手権時には、トーナメント同様のスピードを体感して頂ける様に、12フィートというセッティングで実施されます。(Yahooゴルフ場予約より)

 

「泉ヶ丘カントリークラブ」感想

景観は良いし、距離もしっかり、きっちりある大阪近郊の名門ゴルフ場と呼び名の高い「泉ヶ丘カントリークラブ」

高低差が結構ありましたしコース幅もわりかし広く感じますし、ラフに入ると打ちにくく、ボールを探すのに一苦労で・・・フェアウェイキープが重要ですよね。

「泉ケ丘カントリークラブ」はグリーンコンディションもよくアスリートに好まれる良いコースです。

コースレイアウト、メンテナンスされたグリーンが素晴らしく、ちゃんと整備された高速グリーンで楽しくプレーすることができました。
グリーンは極端にはうねってませんが、微妙に真ん中から奥が下っているとか2段グリーンも多いため、難しかシイですよね。
結構、癖?・・・もありそうですね。
転がりも素直で結構なスピードがあると思いました。

所々には、深い谷も見られ、結構、変化のあるコースでプレイを楽しむことができました。
やはり名門と言われるゴルフ場はすべてグリーンが速くて、ラフの根付きがしっかりしていてアマチュアゴルファーには難関ですよね。
グリーンの下に入れられている砂の層の厚さも違うそうですよ。

お薦めのゴルフ場です。