名張カントリークラブ

「名張カントリークラブ」は伊賀盆地の南部、奈良県との県境、田園情緒あふれる名張市にて1964年(昭和39年)に開業し、開場50年を超え、星霜に磨かれた伝統と風格を醸すドラマティックコースで歴史と伝統あるゴルフ場です。
三重県では6番目に造られたゴルフ場です。

今ではゴルフ場の直ぐ側まで住宅地が押し寄せています。

伊賀盆地

伊賀盆地(いがぼんち)は三重県西部に位置する盆地。
伊賀市、名張市が大部分を占めている。
およそ400万年前は古琵琶湖の底だった。
400万年前は古琵琶湖の底だったため、古琵琶湖層という土壌を有する。
湖底の泥が元となった粘土質であり、稲作が難しい土壌であったため、中世に住民が忍者と呼ばれる傭兵業に従事することになった。

スポンサーリンク

「名張カントリークラブ」概要

「名張カントリークラブ」のある、名張市は伊賀盆地南部に位置し、周囲を山野や関西では知らない人がいないというほど有名な【赤目四十八滝】や【香落渓】といった渓谷を含めた美しい自然に囲まれ、四季折々の鳥の鳴き声などの自然の音を感じながら暮らすことができるところです。

名張市は近鉄大阪線の沿線で、大阪都市圏へ約60分の位置にあるため、大阪府や奈良県のベッドタウンとして発展、1980年代前半から名張藤堂家の家紋であった「桔梗」にちなんだ「桔梗が丘」の開発をはじめとした多くの大規模住宅地が造成され人口が急増した所なんです。

住宅開発初期に「桔梗が丘」と命名されたことから、その後に開発される住宅地についても「つつじが丘」「梅が丘」「百合が丘」「さつき台」「すずらん台」など、花の名を冠した住宅地が造成されることになった。
しかし、2000年(平成12年)頃以降、より大阪方面の利便性の高い奈良県香芝市等で住宅開発が進み、アナログテレビ放送では可能だった伊賀地方での在阪民放テレビ局の視聴が地上デジタルテレビ放送では制限されたこともあって、土地需要が低迷し、世帯・人口ともに微減傾向が継続している。(ウイキペディアより参照)

 

 

三重県名張市上小波田1393
TEL : 0595-65-1111
FAX : 0595-65-2031
運営会社:名張観光株式会社
公式サイト:http://nabaricc.jp/

開 場 日:1964年(昭和39年)9月27日
コース設計:浅川吉男氏( 私市グループの創業オーナー)
コースレート:72.6
72面積 116万m2 OUT・IN 18ホール Par 72 6,884ヤード ベント1グリーン 丘陵コース
フェアウェイ:コーライ 刈り方:1方向カット ラフ︙ノシバ バンカーの数:36 池が絡むホール数:5 レギュラー:6610ヤード
ラウンドスタイル:キャディ・セルフ選択可 自走式・乗用カート(5人乗り)

名張カントリークラブのメンバーになると姉妹コース(名神栗東CC:滋賀県、新大阪GC:大阪府)が、平日に限りメンバー料金でプレーできますよ。

 

三重県の歴の古いゴルフ場
1位 四日市カンツリー倶楽部(四日市市) 1959年(昭和34年)12月08日 上田治氏
2位 桑名カントリー倶楽部(桑名市)1960年(昭和35年)04月16日 井上誠一氏
3位 三重カンツリークラブ(三重郡菰野町)1960年(昭和35年)10月02日 保田与天氏
4位 嬉野カントリークラブ(松阪市)1963年10月01日 佐藤儀一氏(閉鎖)
5位 伊賀ゴルフコース(伊賀市) 1964年(昭和39年)09月21日 間野貞吉氏
6位 名張カントリークラブ(名張市)1964年(昭和39年)09月27日 浅川吉男氏

 

【練習場】

打球場はありません。 アプローチ・パティンググリーンあり。

 

【車の場合】

ゴルフ場のアクセス案内
名阪国道/上野ICより15㎞ 上野ICから名張街道(国道365号線)で名張市街に向かい、西原町三差路を左に進みコースへ。
柏原市から国道165号線で榛原町を経て名張市街を抜け、桔梗ヶ丘団地を過ぎ案内に従い右折しコース。

 

「名張カントリークラブ」コース概要

 

☆巧みなレイアウトをもつ18ホールズ☆

四季折々が美しい伊賀の里に広がるフラットなコース。
フェアウェイは広く、緩やかなアンジュレーションがあります。
すべてのホールが美しい樹々でセパレートされており、各ホールとも個性的で変化が楽しめる丘陵コースです。

戦略性に富んだコースはゆるやかな丘陵地形を生かしたフェアウェイは広く、緩やかなアンジュレーションがあり、適度なアップダウンを持たせて、谷越え、打ち下ろし、ドッグレッグにブラインドなど各ホール特徴があり、飽きのこないレイアウトになっています。
各ティーからも、しっかり距離もありグリーンも小さいので難易度は高めです。

コースメンテナンス、スタッフの接客、落ち着いた雰囲気はリピーターの多さからも、高い評価を得ています。
アットホームな雰囲気と状態の良さで、人気のゴルフ場です。
一度、プレーされると、良さがわかるゴルフ場です。

OUTコース PAR 36 ヤード数 Back: 3375Y Regular: 3195Y Ladies: 2860Y

アウトコースはショートホールの距離が長いので力まないように注意しましょう。
フェアウエイは広く、緩やかなアンジュレーションで構成された丘陵コース。
各ホールは、自然の地形を生かして異なった趣が加えられている。
3,7番パー3ホールは距離があり、寄せワンの技術を、1,6,8番はロングドライブが要求される。

8番は距離がある谷越えのミドルホール。

No.8 PAR 4 Back445Y

距離がある谷越えのミドルホール。
2打目は距離が残るので無理をせず攻めていきたいホールです。
レギュラーティから120ヤード飛ばせば、谷はクリアしますので、力みと体の起き上がりに注意しましょう。
Par 4と思わず、Par 5と考えると、スムーズなゴルフができそうですよ。

距離が長い分、まずドライバーを飛ばさなくては・・・谷が気になる!!
と思うんです。
まあその時点でチ~ンです。
アウトです! ダメなんです。
そしてパーオンしなければ・・と思うわけで・・もう地獄への落とし穴が、どドーーーんドカンーんと、口・・・・オープンになって、あなたのお越しを待っていますよね。
ここのコースはそれに当てはまります。

INコース PAR 36 ヤード数 Back: 3468Y Regular: 3269Y Ladies: 2777Y

地形的にアウトと同様であるが距離が少し長い。
13番は池を取り入れて大きな池越えになっている名物ホールです。
135~180mの大きな池越えなので、精神力とパワーが必要。
13番~17番まで比較的距離が長いホールが続き、さらに最後に600ヤード超の最終ロングホールが待っています。
17番はグリーンが高く打ち上げ、18番は豪快な打ち下ろしホールです。

No.13 PAR 4 Back405Y

135~180mの池越えの名物ホール。
第1打は左に行くほど距離が必要になります。
2打目以降も砲台グリーンになっているので確実性が求められます。
グリーンがぽっかりとフェアウェイよりも高い場所に位置しているようなグリーンを砲台グリーンと呼びます。
砲台グリーンはカップの位置が見えないので、ボールをうまく寄せるのが難しく距離感を出すのが難しいんですよね。
解決法はとりあえずグリーンオンすれば良いと考えましょう。

*ロブショットで旗を狙うか、旗の少し上を狙うとうまくいく確率が高くなります。
*砲台グリーンの手前の土手に1クッションか2クションを当ててグリーンオンを狙う
2通りで、私は攻めています。

 

「名張カントリー倶楽部」感想

「名張カントリークラブ」は開場以来、50年以上経つコースらしく、砲台グリーン・立ち木の大きさなどオールドコースならではの難しさもあり、非常に面白く挑戦したくなるゴルフ場だと思います。
コースメンテナンス・スタッフ対応は素晴らしいの一言です。
グリーンも最高!
コースも素晴らしくメンテナンスされていて大変いいコースです。

ティーショットは、落としどころが見えないホールもあり、ラフもそこそこの長さがあり難易度が増し、非常に面白いコースになりラフに打ち込むと、難しいコースだとよくわかりました。
歴史あるゴルフ場で砲台グリーンが多いので、距離感も難しいです。

ラフ、フェアウエイ、グリーンの状態は良好ですがバンカーの砂が少なく、硬いのが残念でした。

フェアウェイにもアップダウンがある事と砲台グリーンでなかなか結果オーライは無いコースで
グリーンは固くて早くてしかもアンジュレーションがあるので、パーオンできても乗った位置によっては3パットや4パットがあり、気が抜けません。

ダイレクトにグリーンオンするとなかなか止まってくれません。

砲台グリーンで奥がすぐOBの所が多くあり正確なセカンドを要求されます。

鉄則どおり手前から攻めないと、なかなかスコアがまとまらないと思います。
そして、グリーンも速くてラインも読みにくかった。

自分のゴルフに課題を与えてくれる最高のゴルフ場と思っています。

2サム割増無しで本当に気軽にエントリーが出来るゴルフ場です。

お薦めのゴルフ場です。

スポンサーリンク