オータニにしきカントリークラブ

兵庫県中東部、京都府福知山市と接する丹波篠山の、雄大な兵庫県自然公園多紀連山(兵庫県東部・丹波地方の丹波篠山市に広がる、多紀連山、妙高山を中心とした山岳地帯を公園域として、1957年4月27日に指定された)を背景に、四季に移り変わる景観、そこかしらから聞こえてくる野鳥のさえずり・・・を聞きながらのプレーは力みを鳥除いてくれ、篠山盆地の北方に連なる標高600から800メートルの雄大な連峰で、かつ秀麗な多紀連山を借景にした、丹後路の“にしきの里”に造られた、雄大なゴルフ場が「オータニにしきカントリークラブ」の特徴です。

スポンサーリンク

「オータニにしきカントリークラブ」概要

「オータニにしきカントリークラブ」のクラブハウスは、落ち着きのある木目調で、広々とした吹き抜けが印象的です。
プレーヤーとの一体感を大切に・・・と考えられた造りとなっています。

プロやアマのトッププレーヤーたちの間でも認知度が高い「しゃくなげコース」18ホールと「まゆみコース」の9ホールの大型コース。


「まゆみコース」は2019年4月1日より、OUTの9ホールを2回プレーするパブリックコースに変更しリーズナブルな料金でプレーできるように変更されています。
ゴルフ初心者の方やこれからゴルフという方にはお薦めの「まゆみコース」です。

 

日本女子プロ東西対抗 (1975年から76年)
1975年(昭和50年)-大迫たつ子プロ
1976年(昭和51年)-則竹徳江プロ

◇ブリジストンカップ・兵庫県オープンゴルフ選手権
1988年(昭和63年)(第12回優勝)-高崎龍雄プロ 

1989年(平成元年) (第13回優勝)-金山和男プロ
1991年(平成3年)  (第15回優勝)-奥田靖己プロ 
1992年  (平成4年)  (第16回優勝)-奥田靖己プロ
1993年(平成5年」  (第17回優勝)-上出裕也プロ

◇第61回 関西オープンゴルフ選手権
1995年(平成7年)赤澤全彦 (アカザワ マサヒコ)プロ

 


兵庫県篠山市遠方(おちかた)119-1
TEL:0795-92-0331
FAX:0795-92-0335
運営会社:大谷実業(株)
公式サイト:http://www.nishiki-cc.co.jp/

カード: JCB  VISA  MASTER  ダイナース  アメックス 

開場日:1975年 (昭和年)8月31日
設計: 青木建設

コース: しゃくなげコース OUT・IN 18ホール パー72 6956Y ベント(ペンクロス)1グリーン
    まゆみコース 9ホール パー36 3085Y ベント(ペンクロス)1グリーン

コースレート:73.2(しゃくなげコースOUT・しゃくなげコースIN・ベント)

 

しゃくなげコース
ドラコンホール:番7・15番

ニアピンホール:6番・16番

まゆみコース
ドラコンホール:7番・15番
ニアピンホール:6版・16番

ラウンドスタイル:キャディ付きかセルフの選択制。電磁誘導式乗用カート(5人乗り)

 

 

 

【練習場】

打球場 :17打席 距離:250ヤード
しゃくなげコースのアウトスタート前には本格アプローチ練習場があります。
アプローチ練習もできるパッティンググリーンで本グリーン採用ですので、ボールの転がり具合がまともですので、ラフからのアプローチ、花道からのアプローチのどちらの距離感を掴む練習になります。

パターの練習場も兼ねてますので、ボールの行方には注意をしてください!!

 

【車】

京都方面からは京都縦貫自動車道の京丹波みずほICから約20k。
京丹波みずほICからはICを出て右折。
国道173号線※綾部街道から県道300号線。

大阪方面からは舞鶴若狭自動車道の丹南篠山口ICから約20k。
丹南篠山口ICからはICを出て左折し県道140号線を進む。
トンネルを抜けて交差点を右折し県道97号線を進む

 

「オータニにしきカントリークラブ」しゃくなげコース概要

距離も幅もたっぷりの磨き抜かれたタフな造りで知られ、上級者でも攻略は容易ではないといわれていますが・・・初心者から上級者まで、ご自分のスタイルで楽しめるコースです。

山を巧みに削ってあるので比較的フラットな仕上がりでフェアウェーも綺麗です。 

直線的なレイアウトで、フェアウェイも広く、視界が広がるコース設定が多いことも、プレーヤーに、大きな開放感を与える一つの要因になっている。

どのホールも異なった特徴を持っているため、それぞれに対応した戦略が必要になってきます。

中には池やクリークが絡むホールもあれば、バンカーの配置も巧妙ホールもあり、もちろん、シニアや女性の方も充分楽しめるように配慮されたレイアウトになっている。

コースは、打ち下ろしや打ち上げがあって・・ なかなか面白い・・!

ですが、このコースの難易度を高めることに一役かっている。

特に打ち上げは見た目より大きいクラブを持たないとなかなか届きません・・・!
「距離のカン」が欠かせません。 

ラフも深い所では、大きなクラブは使えません。

コース攻略の最大のポイントはアプローチの精度です!

全体的に砲台グリーンが多く、周りにはバンカーやグラスバンカーが配置されているため、プレーヤーが持つボールコントロールのスキルが最大限に試される・・・コース設定になっていますよね。

アウトの距離が長くロングヒッター向き。
3番は池越えショートは、グリーンがコース内最小で、アンジュレーションに富んでいます。

インは谷越えなどメンタルなホールが多い
16番は距離が長く難しい名物ショートホールで、左右の深いバンカーに注意が必要です。

しゃくなげコースは砲台グリーン多くボールの転びの良さには定評があるベントのワングリーンで硬くて速いですよ♪

 

「オータニにしきカントリークラブ」しゃくなげコース感想

クラブハウスをはじめ施設はチョット古めかしい感じがしましたが綺麗に管理されており違和感は全くありませんでした。

コースは手入れもよく整備されていてグリーンは若干剥げているところも見受けられましたが、気候の関係もあるかもしれないと感じました。

コースは広くフラットで回りやすい!
ピンも見えるホールが多かったので気持ちよくラウンドできました!

篠山盆地を囲む連山を借景に造れているようで、デカンショ音頭のリズムでプレーすると良いスコアに恵まれる感じを受けました。
ただ、広いだけでなく、谷、池、グリーンも馬の背など、戦略性もあり難しいけど楽しさも味わえるコースです。

バンカーの砂が少なく所々石が浮き上がっている状態のバンカーと砲台グリーンの距離感には、十分の注意が必要です。

特にバンカーの砂の深さ量の確認は絶対条件です。
バンカーの砂を薄く取ってグリーンに乗せられる技を持っている方は別格です。

それと、セカンドショットが難しいコ-スでした。

アプロ-チで池超えもありアプロ-チで調子こいてショットが緩むとスコアを崩す最大の的になります。
ショットで緩むとゴルフの進歩の無うなります。
緩んだら「まゆみコース」で練習あるのみ・・・・で~す。

スポンサーリンク