オークモントゴルフクラブ

奈良県を代表する名門コース「オークモントゴルフクラブ」は、大和高原の丘陵に雄大に広がる
ゴルフの帝王ジャック・W・ニクラス・プロが設計したダイナミックなチャンピオンコースです。
1990年(平成2年)の開場で経営はリゾートトラストグループです。

【大和高原】


大和高原(やまとこうげん)は、奈良県東北部の高原地帯を総称する名称。
笠置山地および宇陀山地、室生山地に属す奈良県内の高原地帯を指す。
侵食によってなだらかな準平原となった地形が隆起し、隆起準平原となったものである。
「奈良高原」ともいう。
標高は北部(笠置山地)で200~500メートル、
南西部(宇陀山地)は300~500メートルで比較的、
高低差の少ない丘陵地帯が続くが、
南東部(室生山地)は400~1000メートルと起伏が険しい。
また西に面する奈良盆地が100メートル以下、
東に面する上野盆地200メートル前後と、大和高原への高低差がかなりある。

スポンサーリンク

「オークモントゴルフクラブ」概要

「オークモントゴルフクラブ」のクラブハウスはシンプルで無駄のないデザインで、大和高原の落ち着きのある佇まいです。
正面から見ると大きな瓦葺きの三角屋根に迫力があり、存在感のある造りか印象的です。
各コースの9ホールがそれぞれ違った顔を持っているコースです。
ジャックニクラス設計の特徴である、池、グリーン、マウンドが挑戦性を高め、特に2段、3段とうねるグリーンは難しいのが特徴です。

 

奈良県山辺郡山添村岩屋3316
TEL:0743-87-0031
FAX:0743-87-0030
予約専用ダイヤル:0743-87-0031(受付時間 8:00~17:00 休場日は除く)
公式サイト:https://rttg-golf.jp/oakmont
運営会社:リゾートトラスト株式会社

カード:AMEX BC JCB NICOS UC VISA MasterCard UFJ

開場日:1990年(平成2年)11月14日
設計者;ジャック・ニクラス・プロ
ホール:SOUTH・WEST・Eastの各9ホール 27ホース PAR 72 丘陵コース グリーンは、ベントワングリーン
コースレート:74.0(East・West・ベント)/74.0(South・East・ベント)/74.2(West・South・ベント)

ラウンドスタイル:キャディ・セルフ選択可(原則はキャディ付きだが、セルフプレーも可)
カート:リモコン式・乗用カート(5人乗り)

【練習場】

打球場 270ヤード 22打席 バンカー練習場 パティンググリーン

【車の場合】

名阪国道/神野口IC/BSより8㎞
神野口ICを出たらガードをくぐり、右折する。
70m位行き(看板左手にあり)左折後、道なりに新道を直進、突当たり勝原地区右折れ、出合いルートを下り岩尾地区経由コースへ(神野口ICより約13分)
名阪国道/五月橋ICより12㎞ 

「オークモントゴルフクラブ」コース概要

「オークモントゴルフクラブ」は、大和高原の借景にマッチした丘陵地に造られた奈良県を代表する名門コースで、かつ、雄大に広がるダイナミックなチャンピオンコース。
「ゴルフの帝王ジャック・ニクラスプロが設計したダイナミックなチャンピオンコース」
ゴルフ場のHPに紹介されている。

ジャック・ニクラスプロ設計コースの特徴である、バンカーとウォーターハザードが要所に配置され、
各ショットにはピンポイントの攻めが要求される難易度が高いコース設定です。

攻略には高い判断力と戦略性が必要とされ、トーナメント開催実績もあるというのも、うなずけます。

上級者でも容易にスコアをまとめさせないタフなレイアウトになっています。

EAST、WEST、SOUTHの各9ホール全27ホールを擁する各ホールは、ティショットにプレッシャーを感じるホールが多く、アップダウンはほとんどなく、フェアウェイには微妙なアンジュレーションを巧みに配し、ボールの落下地点ひとつでスコアの明暗が分かれるラウンドが続きます。

冷静な判断力と高い技術が求められ、ラウンドを重ねるごとに挑戦意欲を掻き立てる戦略性の高いコース
と評価されています。

フェアウェイに微妙なアンジュレーションを施し要所には戦略性の高い池とバンカーを多くとり入れられているため、
狙い所と飛距離をしっかり把握した攻めが必要。

ティあるいはIP地点(一般的にはホールにおけるティーショットの落下地点、あるいはコースレート査定時に設置する基準点(250ヤード)など、使い方もそれぞれで、明確な定義のようなものはないようです)からグリーン面が確認できるので打つ前の計算はしっかりと確認。
IP点付近はフラットで次打が楽ですが、2打目3打目が打てるかどうかで、スコアが左右されそう。。
設計者ニクラスプロが意図したルートに打てるか、それがスコアの鍵になるといわれています。

グリーンはベントワングリーンのアンジュレーションが思ってた以上にきつくてしかもとんでもなく大きいアメリカンスタイルのコース。
その反面、各ホールはアップダウンが少ない丘陵コースで構成されている為、
初心者から本格志向の方まで幅広いゴルファーが楽しむことが出来るコースでもあります。

戦略性の高い池を多くとり入れているため、狙い所と飛距離をしっかり把握した攻めが必要です。
是非、一度3ホールをプレーしてみてください。
ゴルフのとりこになるかも・・・?

WESTコース PAR 36 ヤード数 Back: 3547Y Regular: 3356Y Ladies: 2864Y

No.4 PAR 5Back542Y

ウエストコース4番、バンカーだらけの名物パー5
フェアウェイ左側がウォーターハザードとなっており、
セカンド地点およびグリーン周りに大小18ものバンカーが取り囲むなど、
難易度が非常に高い同ゴルフ場を象徴するホールです。

 

SOUTHコース PAR 36 ヤード数 Back: 3585Y Regular: 3414Y Ladies: 2872Y

No.9 PAR 4Back421Y

クラブハウスに向かうストレートなパー4。
ティーショットは左のウエストエリアを避け、右サイドから。
セカンドは池を怖がらずにグリーンセンターへ。
グリーンは小さな起伏があり、あなどれない。

EASTコース PAR 36 ヤード数 Back: 3539Y Regular: 3375Y Ladies: 2833Y

No.4 PAR 5Back565Y

打ち下ろしの豪快なパー5。
フェアウェイは広いので、ティーショットは思い切りよく攻めたいが、
セカンド地点にクリークがあり刻むか攻めるか悩みどころ。
グリーンは2段で深いバンカーに囲まれているので、花道から狙いたい。

「オークモントゴルフクラブ」感想

「オークモントゴルフクラブ」はティーグランドから見た景観が素晴らしく、コースの景観もきれいでゴルフが楽しめる環境が整ったゴルフ場です。
フェアウエイ、グリーン、ラフの手入れもしっかりされており申し分ありませんでした。

実際にラウンドしてみると、ウォーターハザードが3分の1ぐらいのホールで効いていてティショットにプレッシャーを感じるホールが半分ぐらいありました。

フェアウェイは見かけ狭く感じるところもありましたが落としどころは広かったです。
バンカーやハザードをうまくミックスしてコース設定されtおり、ニクラスプロがアメリカで微笑んでおられて
いるように感じました。

フェアウエーの うねり、グリーンのアンジュレーション、池、バンカーでコースに遊ばされました。
戦略的にも難易度の高いコースです。

ティーショットよりバンカー超えが多数あるセカンドショットに神経を使いました。
正確なアイアンが打てる技術が必要と感じました。
ミドルホールもしっかり距離もあって…とても良いコースです。

お薦めのゴルフ場です。

池が大きく景観がいいし、バンカーの配置は効果的で戦略性もあり、全てにおいて良いと思います。

グリーンを無理して攻めるとガードバンカーが待ち受けていて、術中にはまる感じです。
バンカーにつかまると、厳しいスコアになります。

クリーンが大きくピンの位置によっては非常難しいです。
グリーンにも大きなポテトチップで目が錯覚してラインが読みずらく感じました。
傾斜が読みきれないと3パットも・・・。
印象的な大きなワングリーンも楽しみの一つで、30ヤードパットも久しぶりに体験しました。

コース整備が行き届いており、絶妙な位置に配置されている池やバンカーなど、非常に戦略性の高いゴルフ場です。
また、池を巧みに織り交ぜられていますので、戦略が求められるコースでしたね。
セカンドショット以降は、フェアーウェイに微妙なアンジュレーションがあるので、ティショットよりセカンド、セカンドよりショットよりサードショットと寄せという感じでグリーンも載ったら、のったで難しくピンに近ずくほど難しと感じました。

また、是非お邪魔したいものです。