太平洋クラブ 有馬コース

1975年(昭和50年)10月開場の歴史ある兵庫県の名門ゴルフ場です。

有馬温泉に近い裏六甲の丘陵地に展開する、「太平洋クラブ・六甲コース」として営業され、面積171万㎡に石楠花(しゃくなげ)コースと摩耶コースのダイナミックな36ホール、13721Y / P 144で営業されていました。

その後、1996年(平成8年)に現在のように、「太平洋クラブ・六甲コース」「太平洋クラブ・有馬コース」に分離されました。
又、有馬コースのクラブハウス棟とレストラン棟も新築されています。
自然の地形を生かした石楠花コースは、広いフェアウェイにドッグレッグ、谷越えなどが組み合わされた、個性的な18ホールを有馬コースのOUT・INに、摩耶コースを六甲コースのOUT・INに変更され、現在に至っています。

スポンサーリンク

「太平洋クラブ 有馬コース」概要

≪上級者には難しく、ビギナーには楽しめる魅力的なコース≫

アメリカの有名コース「ぺブルビーチ・ゴルフリンクス」の施設を手掛けた設計者が担当したクラブハウスは、コロニアルスタイルで、洗練された美しい建物がコースの景観とも見事な調和を保っている、おしゃれなクラブハウスが特徴です。

クラブハウスとレストランが離れており、海外のような雰囲気を醸し出しています。
六甲コースに隣接していながら趣がちょっと異なる、気軽に楽しくプレーできるコースです。

 

兵庫県三木市吉川町奥谷114-8
TEL:0794-72-1221
FAX:0794-72-1930
公式サイト http://www.taiheiyoclub.co.jp/course/arima/

カード:  JCB  VISA  MASTER  ダイナース  アメックス

開場日 1996年(平成8年)10月5日
設計者 富澤誠造氏  コース改造:本間 典雄氏

コース面積:89万平方メートル 3,262y(OUT)・3,243y(IN)Par 72
コースレート 69.9
フェアうウェイ:コーライ芝 ラフ:ノシバ バンカーの数:49 池が絡むホール数:3 グリーン芝:ベント(ペンクロス)1グリーン
ラウンドスタイル:全組セルフプレー。

最新GPSナビ付カート完備
乗用カート(5人乗り)使用。

ドラコン推奨ホール 7番 16番
ニアピン推奨ホール 6番 17番

お酒を飲まれる方、帰りの国道へ出られるとき、必ず停止線より手前で一旦停止して左右確認後、国道へ出られますように。
一旦停止違反で止めて、飲酒検問しているときがありますので、注意しましょう。

 

【練習場】
アプローチ練習場
打球場は鳥かごです、アプローチ練習場とパティンググリーン完備

 

【車】

中国自動車道・吉川 10km以内
(1)吉川IC(中国道)でおり、吉川IC信号を直進、国道428号線に入る。
約4、5km進み、「二ツ子町」交差点を左折すると約2kmでコースへ。
(2)池田IC(中国道)から吉川ICまで33km、吉川ICからコースまで
7m(所要時間 大阪から45分)
中国道渋滞時は新名神から渋滞回避できます。
新神戸トンネルからは、箕谷より428号を淡河に進み吉川ICに向って走る。
コースまで約20km。
どちらもコース付近に案内が多くわかりやすい。

 

「太平洋クラブ 有馬コース」コース概要

プレーは最新GPSナビ付乗用カート完備よるセルフで楽しめます!
戦略性豊かでコースコンディションは最高です。

関西特有のアップダウンがある丘陵コースながら、どことなく林間コースの面影をも残すところは、さすがは名匠・富沢誠造氏が手掛けたコースと言えます。

緩やかなアンジュレーションはあるものの、全体的に見ればフラットなレイアウトのホールが多く、距離も短めな丘陵コースです。

フェアウェイの幅は平均55mあるが、1打目の落下地点付近はうねりとバンカーがあり、グーッと絞られているホールが多くあります。
なだらかな地形に展開されていますがフラットなホールとトリッキーなホールがミックスされておりホールによる個性は大きく異なるコース設定になっています。
距離はそう長くはありませんが、グリーン周りのバンカーが大きいのが特徴で、そして、しっかりガードしていたり、谷がフェアウェイに食い込んできたりしていて、花道も狭くスコアメイクは予想以上に難しいですよ。

絶えずどこかに注意しながらプレーすることの大切さを教えてくれる素晴らしいゴルフ場です。
たまに、こんなコース、ゴルフ場とちゃうわいと言いながら、自分の腕を知らずに騒ぐ方もおられるようですよね。
良いスコアが出るかと思えば、大叩きをする恐れも秘めていて、なぜか再度プレーしたくなる不思議なコースです。
ベントの1グリーンでアンジュレーションはさほどきつくはありません。

とは言えそこは「太平洋クラブ 有馬コース」・・・フェアウェイからグリーンまで両サイドOBが続くOUT4番ホールや、谷越えショットが厳しいイン17番ホールは要注意ですよね。

上級者には難しく、ビギナーには楽しめる魅力的なコースでコース管理と行き届いたサービスが、女性ゴルファーからも好評を得ており、リラックスしながらゴルフが楽しめるコースです。

アウトコース PAR 36 ヤード数 Back: 3262Y Regular: 3069Y Ladies: 2679Y

距離の短いパー5。両サイドOBがグリーンまで続く為、第1打は距離よりも正確性が要求される。
攻めればバーディも狙えるが、1歩間違えると・・・。
得意クラブで自信を持って打っていきたい。

 

インコース PAR 36 ヤード数 Back: 3243Y Regular: 3066Y Ladies: 2828Y

 


打ち下ろしの距離のあるパー4。
第1打は右サイドギリギリを狙いたい。
左サイドは林越えとなるため、2オンが難しい。
2段グリーンのピン位置によって難易度が変化するタフなホール。

 

「太平洋クラブ 有馬コース」感想

クラブハウスの建物もきれいで、離れのレストランの雰囲気も非常に良くて設備も充実しいる、素敵なゴルフ場です。
奇麗なコースで景色もよく、コース管理もしっかりされており、楽しくプレーができます。

グリーン、フェアウェイの状態が良くてキレイでした、特にグリーンは、しっかりとメンテナンスされています。

コースは戦略的で、難しく見えないですが、なかなかベストスコアを更新できません。
コースはOBは比較的少なめですが、1ペナが何ホールがあります。

良いコースですけれど、意外とトリッキーなコースにも感じました。
砲台グリーンが多く正面にバンカーが構えており、キッチリ距離を出さないとオンが難しくて、グリーン手前にオンするのが多いので、手こずります。
厄介だったのはバンカーの砂です。
普通の砂と比べると柔らかく、ふわっふわの砂のバンカーが邪魔します。
クラブがちょっとでも深く入れば大ザックリになるし、ボールが砂の中に埋まるんとちゃうんかいなと思うくらい柔らかい砂です。
グリーンは早いのか遅いのかわからずじまいで、難しかったです。
上りなのに速かったり下りなのに遅かったりでした。
自走のカートですがリモコンがないのが、チョット・・・不満かな?
一度はプレーされると良いと思います。

スポンサーリンク