太平洋クラブ 六甲コース

「太平洋クラブ六甲コース」は、ゴルフ銀座とも呼ばれる兵庫県三木市にあるゴルフ場です。
ヨーロッパの城を思わせるクラブハウスは、シニアプロのトーナメント開催に伴い外装も修繕され、その洗練されたデザインは、各ホールから見える雄大な景観とも見事に調和が保たれている。

 

スポンサーリンク

「太平洋クラブ 六甲コース」概要

「太平洋クラブ 六甲コース」は1977年(昭和52年)に兵庫県三木市に国内に17コースを持つ太平洋クラブのゴルフ場のうちのひとつです。
過去には数々の男子・女子プロのトーナメントも開催された名門コースです。

(株)太平洋クラブは、1971年(昭和46年)5月に旧平和相互銀行グループの支援を得て設立されたゴルフ場運営会社でした。
設立以降、「札幌コース」1974(昭和49年)「軽井沢コース」1975(昭和50)年、さらに1977(昭和52)年には現在の
『三井住友VISA太平洋マスターズ』が開催されることで有名な「御殿場コース」もオープンしていた。

しかし、バブルが弾け経営の悪化により、2012年1月23日民事再生を申請受理され太平洋クラブは、2013年5月に
スポンサー契約を締結し、(㈱)マルハンの支援を受け、2014(平成26)年3月に会社更生手続きを終結し、マルハングループの一員として再スタートを切リました。

現在の運営の親会社は株式会社マルハンです。
京都府京都市(京都本社)と東京都千代田区(東京本社)に本社を持つ、パチンコチェーン店「マルハン」を中心にボウリング場、映画館も運営するアミューズメント系総合企業。

ゴルフ場の運営は株式会社「太平洋クラブ」
東京都港区に本社を置くゴルフ場・リゾート開発会社である。

 

兵庫県三木市吉川町水上1582-1
TEL:0794-72-1211
FAX:0794-72-1227
GOLF場HP https://www.taiheiyoclub.co.jp/course/rokko/

カード  JCB  VISA  MASTER ダイナース  アメックス

開場日 1977年(昭和52年)4月27日
設計者 富澤 誠造氏

詳しくは、設計者をクリックしてね!

「どのホールもストレートに、ドロー、フェードでも攻めることができる。その邪魔になるようならば、木は切ってしまえ」と日本で最も多い100コース以上を設計した富澤誠造氏(1910~1978)は、ゴルフ場造成の際にこのような指示を出した。
そうです。

面積  89万m2  OUT・IN 18ホール Par  72 7,034Y 1グリーン・ベント(ペンクロス) 丘陵コース
コースレート 73.2(OUT・IN・ベント(Aグリーン))
フェアウェイ:コーライ芝 ラフ:ノシバ  バンカーの数:58 池が絡むホール数:6 レギュラー:6279ヤード

<主なトーナメント>
1983年 日米対抗ゴルフ 優勝 中嶋常幸プロ
1997年 三菱ギャラントーナメント 優勝 尾崎将司プロ
2002年 日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯 優勝 具玉姫プロ
2008年 第39回内閣総理大臣杯日本社会人ゴルフ選手権決勝
2014年〜 マルハンカップ太平洋クラブシニア

 

練習場

200Y・15打席 バンカー・アプローチ・パター練習場が完備されています。

 

【車】

中国自動車道/吉川IC 7 km
吉川IC出口の信号を直進し、国道428号線に入る。4.5km先の二ツ子町交差点を左折すると2kmで進入道路が見えてくる。
新神戸トンネルからは箕谷から428号を淡河に進み吉川ICに向って走る。コースへ約20km。
※宝塚IC(中国道)から吉川ICまで25km、吉川ICからコースまで7km(所要時間 約7分)

 

「太平洋クラブ 六甲コース」コース概要

 

ゴルフ発祥の地の裏六甲に展開する雄大かつフラットな完成度の高いコース。

自然豊かな風景に囲まれ、フラットでフェアウェイが広く距離もたっぷりあり、ダイナミックなゴルフが
楽しめます。

雄大さと美しさが融合したチャンピオンシップコース!

「日本に、ここの18番ホールのようなホールがもっとあれば、日本のプロのレベルは確実に上がる。
このコースは高度の技術を有しているものではないと制することはできない」そして「パー4のフィニッシングホールとしては、日本一美しく日本一のミドルホールだ」
この言葉は、「三菱ギャラントーナメント」が六甲コースで行われた際、優勝したジャンボ尾崎が、しみじみと
語ったものです。

18番は三つの池を懐に抱くように左にドッグレッグしている437ヤード(レギュラーからは361ヤード)の長いパー4で、正確なロングドライブを放たない限り、第2打でグリーンを捕らえるのは非常に難しくなります。

かつての関西地区のゴルフ場のイメージとしては打ち下ろしの打ち上げで、FWは狭く砲台グリーンの受けグリーンでグリーン面を見せないようにしてグリーンは小さく奥にはバンカーを配置するゴルフ場のイメージがありました。

ところが「太平洋クラブ 六甲コース」はイメージを払拭するほどフェアウェイは広く長いホールが多く、伸び伸びとプレーできます。
しかし、ジャンボ尾崎プロが指摘するように戦略性は高く、油断はなりません。

グリーンには随所に微妙なアンジュレーションが設けられ、難易度も高い。

一度はプレーしていただきたい、お薦めのコースです。

「三菱ギャラントーナメント」の歴史

原点は大会を共催する住友ゴム工業が主催した「ダンロップゴルフトーナメント」として1969年からスタートし、1977年に三菱自動車工業が主催者に加わったのをきっかけに「三菱ギャラントーナメント」(1999年)から「三菱自動車トーナメント」と題して一新。
毎年全国各地のチャンピオンコースを巡回する公式戦並みの「サーキット大会」として開催され、多くのトッププロが参戦。初夏の風物詩として定着した。

2001年より「ダイヤモンドカップトーナメント」2004年「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」2010年「ダイヤモンドカップゴルフ」2014年「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップダイヤモンドカップゴルフ」と変遷。

2019年(令和元年)からは開催時期が5月に移動し、優勝者には全英オープンゴルフへの出場権が与えられることとなっている。
ちなみに、2019年の優勝者は浅地洋佑プロ。
ツアー初制覇、史上6人目のマンデートーナメントからの優勝者
5月12日は”母の日” 親孝行を切望していた25歳が最高の恩返しを実現させた。
プロ8年目の浅地洋佑(あさぢようすけ)が日本とアジアの共催で、悲願の初優勝を飾った。

複数回優勝者
4勝 – 中嶋常幸プロ
3勝 – グラハム・マーシュプロ、ブライアン・ジョーンズプロ
2勝 – 中村通プロ、安田春雄プロ、青木功プロ、尾崎将司プロ、平塚哲二プロ、藤田寛之プロ、金庚泰プロ

OUTコース PAR 36  ヤード数 Blue: 3244Y Reg.: 3038Y Ladies: 2685Y

池の配置とグリーンがほど良くマッチしており卓越した戦略性を有し挑戦意欲を掻き立てるパー3コース。より正確なショットが要求されパーを取るのが難しいホール。

INコース PAR 36  ヤード数 Blue: 3404Y Reg.: 3241Y Ladies: 2883Y

3つの池を懐に抱くように左にドッグレッグしている距離の長いパー4
特徴のあるクラブハウスと池のコントラストが非日常を演出する池越えのフィニッシングホールで三菱ギャラントーナメントで優勝したジャンボ尾崎からは日本一のパー4との高い評価を得た。

 

「太平洋クラブ 六甲コース」感想

まず、コースに出て感じるのはクラブハウスとコースの一体感がすごいですよ。
なにか・・? 落ち着いた感じと、しっとり感がマッチした雰囲気を味わえるゴルフ場ですよね。

多分、全体的にフラットで綺麗で広くて、良いスコアが出そうだけど、絶妙にバンカーが見えたり池が見えたりして、なかなか一筋縄ではいかない・・・? と感じてしまう雰囲気があるからなんですよね。
なんか・・? 本格派のゴルフ場に来たんちゃうんかいなあと・・思わせる感じがするゴルフ場です。

一度、挑戦されると私の言っている意味がわかると思います。

コースはグリーンに近づけば近づくほど、狭まく感じるように目の錯覚を起こさせる様に上手く作られていると思いました。
FWは広いのですが、谷がせりだしていたり、ブラインドであったりと、プレッシャーを掛けてFWに行かせない工夫もされているようです。
そして待ち受けているのが、深いラフやバンカーです。
ラフに入れると無理をせずヘッドの重たいウエッジで対応されると脱出は可能ですが・・・? ウッドや
ミドルアイアン以上で攻めると大叩きするかも・・・?  ラフでもボールが浮いていれば・・・・
ボールがティアップされた状態と感じることが出来る方はウッドやミドルアイアンで攻めるのはOKです。 浮いてるボールをウエッジで攻めると俗に言うだるま落としのしっぺ返しが待っているので、ラフに入ったボールは芝生とボールとよく相談しながら脱出方法を考えましょう。

とにかく、バンカーと池が絶妙に効いていて、挑戦のしがいがあり非常に難しい設定だけれど面白いコースだと思いますよね。
プレーして一番感じたことは、グリーン手前に必ずガードバンカーあり、砂地獄にあいそうだと思いましたよね。
そしてバンカーは硬いバンカー、柔らかいバンカーで、入れると少し手間取ると思いますよね。

最後に到着するグリーンが又、難しいです・・・? 攻略が! 早いんです・・!
微妙なアンジュレーションもあって、一筋違えば入ってくれません。 ラッキーパンチはないんです。
ジャストタッチ・ジャストヒットandカップINの構図です。

最後に18番の池越えはさすがにしびれますよね。
ほとんどのアマチュアゴルファーは2打目3打目が池超えになると思いますので・・? 池越えに挑戦しましょう。