ゴルフ場紹介

関西クラッシックゴルフ倶楽部(関西クラッシックGC)

関西クラッシックGC 「関西クラッシックゴルフ倶楽部」は、兵庫県三木市吉川町湯谷、地区に1976年(昭和51年)開場。六甲の北、穏やかな気候のもと昭和51年開業の伝統ある27ホール。平均600平米を越える巧みなアンジュレーション...
ゴルフ場紹介

交野カントリー倶楽部(交野CC)

「交野カントリー倶楽部」は、大阪府交野市倉治、地区に1973年 (昭和48年)開場。 関西でも多くの名門コースを生んだ、名匠・鈴木正一氏、設計家が自然美を活かした潤いのある、落ち着いた雰囲気が漂う、味わい深いゴルフ場です。 クラブのポリシーは「人と自然の共生」「自然と仲間」「素晴らしい出会い」「心の豊かさ」を大切にするゴルフ倶楽部であり続けることです。
ゴルフの雑学記事

クラブを上手く使う秘密は・・・?

ゴルフクラブに仕事をさせるには、手首の柔らかさ&腕の脱力が必須です。 体に負担をかけずに、若い頃と同じようなパワーを出すにはゴルフクラブに仕事をさせるしかありません。 そのためには、「手首の柔らかさ・腕の脱力」を使うしかないのですよね。
スポンサーリンク
ブログ

宇治田原カントリー倶楽部・日々探訪

「宇治田原カントリー倶楽部」は、京都府綴喜郡宇治田原町奥山田長尾、地区に1976年(昭和51年)開場。 嘉納、大杉、大福の3コースからなり、加藤福一氏設計の27ホールのゴルフコース。 全体的には丘陵コースで、フェアウェイは広く適度なアンジュレーションがあり、またコース内には樹木も多く落ちついた雰囲気です。距離も長く、ティーショットの安定がカギを握るのはもちろん、池越え、谷越えなど変化に富んでいてプレッシャーのかかるホールも多いなど、各ホール特長があり攻め応えがあります。
ゴルフ場紹介

小野グランドカントリークラブ(旧・小野国際ゴルフ倶楽部)

小野グランドCC 「小野グランドカントリークラブ」は、兵庫県小野市中谷町、地区に1979年(昭和54年)開場。日本シニアオープン・関西オープン・近畿オープン等を開催している本格的なトーナメントコース。美しさの中にも戦略性を追求し...
ブログ

ガソリン代を節約する「車の乗り方」・日々探訪

車を所有すると何かと経費がかかりますよね。 税金や車検、メンテナンスと車に対するローンも支払う必要があります。 その中で、ガソリンは給油しなければ走行できませんよね。 そして、ガソリン代を抑えたくても、ライフスタイルや車の使用頻度によって抑えきれないということもあります。 特に、ガソリン価格が高騰した時には最低限の給油で賄ってしまうことも、ありますよね。 毎日、消費するガソリンだからこそ、なんとかしてガソリン代を節約したいところですよね。
ゴルフの雑学記事

インパクトまで「ヒンジコック」は、そのまんま!

クラブをスイングの際、うまく手首のコックを使えていますか?ヒンジコックは飛距離を伸ばすために、とても重要なポイントなんですよね。 私を含め、ゴルフ初心者の方は、色々と意識することが多すぎてスイング中に手首をどのように動かしているかについてなかなか意識がいかないもんなんです。 ヒンジコックをうまく使いこなせれば、自分の力、以上にヘッドスピードを出せ結果として飛距離を伸ばせるように思います。
ゴルフ場紹介

オレンジシガカントリークラブ(オレンジシガCC)

「オレンジシガカントリークラブ」は、滋賀県甲賀市信楽町宮町字桧谷、地区に1984年(昭和59年)開場。 狸さんの置物で有名な信樂町の宮町遺跡(みやまちいせき)または紫香楽宮跡、宮町地区(しがらきのみやあと みやまちちく)の古代宮殿遺跡近くに造られている。 国の史跡に指定されているのを見渡せる飯道山の南側斜面の緩やかな丘陵地にに広がっており一目で遠くまで見渡すことができる丘陵コース。 全てに凝ったコースデザインがゴルファー達の印象に深く残り、プロゴルファーも絶賛する滋賀県の人気コース。
ゴルフ場紹介

みさきカントリークラブ(旧:岬カントリークラブ)

「みさきカントリークラブ」は、大阪府泉南郡岬町深日、地区に1965年(昭和40年)開場。 大阪と和歌山の府県境にあり、クラブハウスからは大阪湾の入り口、紀淡海峡を見下ろす丘陵地からは淡路島や明石海峡はもちろんのこと、天候に恵まれれば六甲山の勇姿まで一望できるロケーションは圧巻のシーサイド丘陵コースです。
ゴルフの雑学記事

右手の「片手打ち」

右手の使い方を意識することができれば、左腕との連動もスムーズになり、飛距離アップや方向性の向上につながります。 少しでも上手く使えれば、良いショットが打てるようになるでしょう。 右手の片手打ちドリルは、これができるようになるとフェース管理や、ボールを置く適正位置など、とにかくいろんなことがわかるメリットがあります。
ゴルフ場紹介

皇子山カントリークラブ(皇子山CC)

「皇子山カントリークラブ」は、滋賀県大津市山上町、地区に1961年(昭和36年)開場。 滋賀県で2番目に造られた歴あるゴルフ場。 クラブハウスから一望できる琵琶湖の景色は、圧巻で琵琶湖を背景にインスタ映え間違いなしのゴルフ場です。
ゴルフの雑学記事

左手1本で練習する

ゴルフが上手くなるには正しい動きを反復し体に覚え込ませない限り、コースに出てうまくスコアをまとめることはできないといわれています。 最も難しく、最も効果があるのは左手1本で打つドリルと言われています。 プロゴルファーなら必ずといっていいぐらい取り組んだことがあるドリルで、これがかなり難しいのです。 左手一本打ちは確かに難しいですが、体と腕の力を抜いて、体の回転でスイングする感覚をつけやすい練習法だと思います。
ゴルフ場紹介

美加ノ原カンツリークラブ(美加ノ原CC)

「美加ノ原カンツリークラブ」は、京都府木津川市鹿背山、地区に1961年(昭和36年)開場。 京都府の歴史の古いゴルフ場ランキングでは4番目に造られたゴルフ場です。
ゴルフの雑学記事

「スイング」の概要

ゴルフは止まっているボールを打つだけなので、一見簡単そうに見えるが、やってみると実はなかなか難しい。 真っすぐ飛ばせなかったり、空振りしてしまったり、あっちゃっこっちゃ行ったり、なにごともそうなんですが、上達にはやはり基本を押さえておくのが一番の近道という格言がありますよね。
ブログ

「コック」と「ヒンジ」の概念

コックとヒンジ どちらがゴルフスイングに必要かと言いますと、どちらも必要となります。 ただし、重要なのはヒンジとなります。 そして動きが大きいのは、ヒンジとなりますので、ゴルフボールを叩いて飛ばすには、ヒンジの動作が必要です。
ゴルフ場紹介

日清都カントリークラブ(旧・都カントリークラブ)

「日清都カントリークラブ」は、京都府宇治市莵道新池、地区に1966年(昭和41年)開場。 日清食品の創業者、安藤百福氏(あんどう ももふく、1910年〈明治43年〉3月5日 – 2007年〈平成19年〉1月5日)で会長がゴルフへの愛情と「食とスポーツを通じて社会に貢献したい」という願いから造られたそうです。
ゴルフ場紹介

琵琶湖カントリー倶楽部(琵琶湖CC)

「琵琶湖カントリー倶楽部」は、滋賀県栗東市御園、地区に1959年(昭和34年)開場。 滋賀県初のゴルフ場として1959年(昭和34)栗東コース9ホールで開場、翌年の1960年(昭和35年)琵琶湖コース9ホールを開場し18ホールが完成。 1968年(昭和43年)トーナメント開催用の三上コースの9ホールを増設、現在の27ホールとなる。
ゴルフ場紹介

メイプルヒルズゴルフ倶楽部(メイプルヒルズGC)

「メイプルヒルズゴルフ倶楽部」は、滋賀県甲賀市信楽町田代、地区に1995年(平成7年)開場。 滋賀の湖南アルプスに囲まれた、ポンポンたぬきの焼き物の里・信楽のなだらかなの丘陵地に造られたコース。 小林祐吉氏設計で「信楽の美しい自然となだらかな丘陵に恵まれたメイプルヒルズGCはゴルフの原点を大切にしたコース」をコンセプトに開場したゴルフコースです。
ゴルフ場紹介

ライオンズゴルフ倶楽部(ライオンズGC)

「ライオンズゴルフ倶楽部」は、三重県亀山市両尾町字小屋ヶ畑、地区に1987年(昭和62年)開場。 大自然に囲まれた風光明媚かつ温暖な環境の、中部地区有数のチャンピオンコースで四季を通じてプレーを楽しむことができる。 シンバ、レオ、エルザの3つのコースにはそれぞれ違う個性があり、飽きることなく常に意欲を新たにしてプレーすることができる。
ゴルフ場紹介

「菰野倶楽部」ジャックニクラウスゴルフコース(菰野倶楽部・ジャックニクラウスGC)

「菰野倶楽部」ジャックニクラウスゴルフコースは、三重県三重郡菰野町菰野北谷、地区に1986年(昭和61年)開場。 日本国内で数々のゴルフ場の設計や監修に携わているジャック・ニクラウスプロが三重県の北西部、鈴鹿山脈の東山麓に位置する町、菰野町(こものちょう)に日本で初めて、「帝王ジャック・ニクラウス」の名を冠したゴルフコースが「菰野倶楽部」ジャックニクラウスコースです。
ゴルフの雑学記事

ティーアップの高さの疑問

ティーアップとは,ボールをティーの上に置き、打ちやすくする行為を指します。 ティーアップですが、特にドライバーで打つ際の高さで迷われる方が多いかと思います。 高すぎるとクラブがボールの下をくぐる可能性がございますし、低すぎると地面を叩きやすくなります。 ドライバーで飛距離を狙うには、適度なティーの高さが必要となります。 とは言ってもルール上、ティーの高さは4インチ(101.6mm)以内と決められています。
ゴルフ場紹介

三日月カントリークラブ(三日月CC)

「三日月カントリークラブ」は、兵庫県佐用郡佐用町下本郷字杉谷、地区に1992年(平成4年)開場。 中国自動車道、佐用ICから20分 景観とコスパが魅力のゴルフ場。 丘陵コースでアメリカンスタイルのチャンピオンコース、クラブハウスは5階建て、展望レストランよりの景色は最高です。 又、3階には宿泊設備も併設しておりゆったり遊べる宿泊パックは大好評です。
ゴルフ場紹介

神戸三田ゴルフクラブ(旧・三田国際ゴルフクラブ)

「神戸三田ゴルフクラブ」は、兵庫県三田市大川瀬、地区に1967年(昭和42年)開場。 地形はゆるやかでホールは松林でセパレートされている。 歴史ある林間コースとして親しまれている「神戸三田ゴルフクラブ」は、2015年(平成27年)6月はリニューアルオープンいたしました。 全ホールをベントグリーンへ改修し、一部コースレイアウトも変更。
ブログ

小野グランドカントリークラブ・オールドコース(日々探訪)

「小野グランドカントリークラブ」は、1979年(昭和54年)開場以来40年を超え、日本シニアオープン・関西オープン・近畿オープン等を開催している本格トーナメントコースで兵庫県の歴史ある名門コースです。 春、夏、秋、冬・・・季節が巡るたびに、いつも新しい感動に出会えます。
ゴルフの雑学記事

中高年の方は「クローズドスタンス」が良いようです

ダウンスイングで肩が早く開く、あるいは左に体重移動ができない、といった場合に有効なのが、極端なクローズドスタンスで打つ練習です。両脚が飛球線に対して平行になる通常のアドレスから、右脚を半足から1足分後ろに引けば、クローズドスタンスの完成です。あらかじめ左脚に体重を乗せておき、そのままボールを打ってください。 このアドレスから打つとクラブの軌道は、自然にインサイドアウトになります。
ゴルフ場紹介

ローモンドカントリー倶楽部(ローモンドCC)

「ローモンドカントリー倶楽部」は、三重県亀山市両尾町、地区に1997年(平成9年)開場。 ゴルフ発祥の地、スコットランドの西海岸の商都、グラスゴーの北西にあるローモンド湖は、古くから「うるわしの湖」を讃えられスコットランド民謡にも歌われた英国最大の湖です。 ローモンドカントリー倶楽部は、多くの人々に愛され続けてきたローモンド湖の美しさと静寂さを“戦略性と自然美”というテーマに投影させたまったく新しいコンセプトのゴルフコースです。
ゴルフの雑学記事

力を抜く極意(グリップ)

ゴルフで「脱力して振りなさい」という教えは、皆さんも必ず聞いたことがあるでしょう。 グリップを緩く握れ!というのも同じ意味で、ゴルフスイングでは脱力~特に腕の力を抜きなさい~と教えられます。 ゴルフスイングにおける「腕の脱力」は、上級者を目指す上では絶対に不可欠な要素です。 小柄で非力な女子プロが、一般男性よりも遙かに飛距離が出る理由は、力を抜いて物理現象を生かし、効率よくクラブヘッドを振っているからです。
ゴルフ場紹介

名張カントリークラブ(名張CC)

「名張カントリークラブ」は、三重県名張市上小波田、地区に1964年(昭和39年)開場。 伊賀盆地の南部、奈良県との県境、田園情緒あふれる名張市にて1964年(昭和39年)に開業し、開場50年を超え、星霜に磨かれた伝統と風格を醸すドラマティックコースで歴史と伝統あるゴルフ場です。
ゴルフ場紹介

三甲ゴルフ倶楽部「榊原温泉コース」(旧・榊原温泉ゴルフ倶楽部)

「三甲ゴルフ倶楽部」榊原温泉コースは、三重県津市榊原町ソヤ谷、地区に1994年(平成6年)開場。 青山高原山麓を背に、伊勢湾を望む美しい丘陵地にグレグ・ノーマン氏、及び小笹昭三氏の設計・監修の元、 設計された丘陵コース。 名湯「美人の湯」「七栗の湯」の湧き出る榊原温泉地区内に国内屈指の滞在型ゴルフリゾートとして細部にまでこだわった上質でラグジュアリーな開放感溢れる宿泊施設の中でゴルフが楽しめます。
ゴルフ場紹介

青山台ゴルフ倶楽部(青山台GC)

「青山台ゴルフ倶楽部」は、兵庫県篠山市和田東勝山、地区に1974年(昭和49年)開場。 多紀連山に囲まれたゴルファーの理想郷。 歴史と文化と自然に恵まれた丹波篠山。 篠山市の中央の田園に囲まれたフラットで落ち着いた丘陵コース。 春は桜、秋はコースから望む多紀連山の紅葉が美しい。
スポンサーリンク