ゴルフ場紹介

ライオンズカントリー俱楽部(ライオンズCC)

「ライオンズカントリー俱楽部」は、兵庫県三木市吉川町新田、地区に1983年(昭和58年)開場。 兵庫県三木市の大自然が育んだ理想の27ホール。 高低差20m以内の超フラット。 現在の運営会PGMです。
ゴルフ場紹介

ロータリーゴルフ倶楽部(旧・神戸カントリー倶楽部ロータリーコース )

「ロータリーゴルフ倶楽部」は、兵庫県神戸市北区淡河町南僧尾、地区に1992年(平成4年)開場。 年間を通じて美しいフェアウェイでプレー出来るように、ベースに暖地型洋芝ティフトン419(ティフトンはバミューダグラスの仲間で「ティフトン419」は旧国立競技場でも採用されていた実績ある芝草)で、秋口からは寒地洋芝ペレニアルライグラスをオーバーシードしている。
ゴルフ場紹介

泉南カンツリークラブ(泉南CC)

泉南カンツリークラブ」は、大阪府泉南市新家、地区に1960年(昭和35年)開場。 数々の名コースを手掛けた名匠J・Eクレーン氏設計の個性的な18ホールで、全体的にフラットなコースには池やマウンド等、巧みに配置されたハザードがプレーヤーに多様なショットを求めてきます。
スポンサーリンク
ゴルフ場紹介

伏尾ゴルフ倶楽部(伏尾GC)

「伏尾ゴルフ倶楽部」は、大阪府池田市中川原町、地区に1962年(昭和37年)開場。 大規模な造成工事によりホール内の起伏は少ない。 自然の松がハザードとなり 谷越えや池越えと興味はつきない。 歴史と伝統を積み重ねた丘陵コース。
ゴルフ場紹介

六甲国際ゴルフ俱楽部(六甲国際GC)

「六甲国際ゴルフ倶楽」」は、兵庫県神戸市北区山田町西下字押部道、地区に1975年(昭和50年)開場。 神戸市の六甲山の麓に、加藤福一の設計による36ホールのコースを開場した。 1996年(平成8年)、ジャック・ニクラスの監修で米国のシェイパーによるコースの改造が行われた。
ゴルフ場紹介

高槻カントリー俱楽部(高槻CC)

「高槻カントリー倶楽部」は、大阪府高槻市大字田能小字中山、地区に1976年(昭和51年)開場。 ゴルフ場のある「樫田地区」は、大阪府高槻市の最北部に位置する所で、市内中心部(JR高槻駅)から市バスで40分足らずの身近な山里で、今もなお、清らかな水と空気の中で美味しい野菜や米、椎茸などが栽培され、四季の彩が美しいところです。
ゴルフの雑学記事

パットについて(おもろいゴルフ)

パターの鉄則。それはカップに届かせることです。 カップに届かなければ絶対に入りません。 「どうやって距離感を養えばいいのか?」とプロや上級者にたずねても、「練習でカンを磨く」という答えが大半。
ゴルフ場紹介

茨木高原カンツリー倶楽部(茨木高原CC)

「茨木髙原カンツリー倶楽部」は、大阪府茨木市泉原、地区に1961年(昭和36年)に開場。 ゴルフ場の所在する石堂ヶ岡(いしどうがおか)は、大阪府茨木市、豊能郡豊能町の境に所在する標高680.1mの山。山頂は茨木市に属する。大阪50山の一つ。
ゴルフの雑学記事

甲賀カントリー倶楽部〈甲賀CC)

甲賀(こうが)カントリー倶楽部」は、滋賀県湖南市三雲、地区に1966年(昭和41年)に開場。 「自然との融和、プレーの醍醐味との一体感」を設計の基本とする丸毛信勝氏を設計デザイナーとして迎え、誕生しました。
ゴルフ場紹介

ウエストワンズカンツリー倶楽部(ウエストワンズCC)

「ウエストワンズカンツリー俱楽部」は、兵庫県加東市上三草(かみみくさ)、地区に1993年(平成5年)開場。 1993年 (平成5年)に世界ゴルフ殿堂入りを果たしている名匠ピート・ダイが設計した関西で唯一のアメリカン・スコティッシュ・スタイルのゴルフ場で、自然美豊かなゴルフの町・加東市内には16コースのゴルフ場があります。
スポンサーリンク