2022-09

ゴルフ場紹介

武庫の台ゴルフコース(武庫の台GC)

「武庫ノ台ゴルフコース」は、兵庫県神戸市北区道場町生野字北山、地区に1966年(昭和41年)開場。 名匠”上田治”氏設計で、羽束山を中心とする北摂連山を借景に三田平野を眼下に見下ろすロケーションを使って、関西屈指の伝統と風格を誇るパブリックコース。 比較的、高低差の少ないレイアウトが続きフェアウェイが広いのが特徴です。
ゴルフ場紹介

吉川カントリー俱楽部(吉川CC)

「吉川カントリー俱楽部」は、兵庫県三木市吉川町米田字平間、地区に1992年(平成4年)開場。 設計者の川田 太三氏が、アベレージゴルファーがいいスコアで上がれるようにと、スライスはセーフ、フックはOBとなるようなコンセプトで設計がなされている丘陵コースです。
ゴルフ場紹介

堺カントリークラブ(堺CC)

「堺カントリークラブ」は、大阪府堺市南区豊田、地区に1971年(昭和46年)開場。 大阪南部の泉北ニュータウンに隣接し、「松」「竹」「梅」の3コース27ホールズを有する丘陵コース。 全体にフラットでフェアウエイも広い。 2グリーン制で常に状態の良いグリーンが使える。
スポンサーリンク
ゴルフの雑学記事

膝サポーター

加齢やエストロゲンの減少によって、関節を支えている軟骨や筋肉の衰え、関節内の水分減少、更に血液の循環が悪くなったりすることによって関節痛が起こるといわれています。 膝の痛みを和らげるためには、適度な運動で筋肉をつけるとともに、筋肉や腱の柔軟性を高めることが大切です。 それにより、膝への負担を軽減させることが期待できます。
ゴルフ場紹介

ライオンズカントリー俱楽部(ライオンズCC)

「ライオンズカントリー俱楽部」は、兵庫県三木市吉川町新田、地区に1983年(昭和58年)開場。 兵庫県三木市の大自然が育んだ理想の27ホール。 高低差20m以内の超フラット。 現在の運営会PGMです。
ゴルフ場紹介

ロータリーゴルフ倶楽部(旧・神戸カントリー倶楽部ロータリーコース )

「ロータリーゴルフ倶楽部」は、兵庫県神戸市北区淡河町南僧尾、地区に1992年(平成4年)開場。 年間を通じて美しいフェアウェイでプレー出来るように、ベースに暖地型洋芝ティフトン419(ティフトンはバミューダグラスの仲間で「ティフトン419」は旧国立競技場でも採用されていた実績ある芝草)で、秋口からは寒地洋芝ペレニアルライグラスをオーバーシードしている。
ゴルフ場紹介

泉南カンツリークラブ(泉南CC)

泉南カンツリークラブ」は、大阪府泉南市新家、地区に1960年(昭和35年)開場。 数々の名コースを手掛けた名匠J・Eクレーン氏設計の個性的な18ホールで、全体的にフラットなコースには池やマウンド等、巧みに配置されたハザードがプレーヤーに多様なショットを求めてきます。
ゴルフ場紹介

伏尾ゴルフ倶楽部(伏尾GC)

「伏尾ゴルフ倶楽部」は、大阪府池田市中川原町、地区に1962年(昭和37年)開場。 大規模な造成工事によりホール内の起伏は少ない。 自然の松がハザードとなり 谷越えや池越えと興味はつきない。 歴史と伝統を積み重ねた丘陵コース。
ゴルフ場紹介

六甲国際ゴルフ俱楽部(六甲国際GC)

「六甲国際ゴルフ倶楽」」は、兵庫県神戸市北区山田町西下字押部道、地区に1975年(昭和50年)開場。 神戸市の六甲山の麓に、加藤福一の設計による36ホールのコースを開場した。 1996年(平成8年)、ジャック・ニクラスの監修で米国のシェイパーによるコースの改造が行われた。
ゴルフ場紹介

高槻カントリー俱楽部(高槻CC)

「高槻カントリー倶楽部」は、大阪府高槻市大字田能小字中山、地区に1976年(昭和51年)開場。 ゴルフ場のある「樫田地区」は、大阪府高槻市の最北部に位置する所で、市内中心部(JR高槻駅)から市バスで40分足らずの身近な山里で、今もなお、清らかな水と空気の中で美味しい野菜や米、椎茸などが栽培され、四季の彩が美しいところです。
スポンサーリンク