おもろいゴルフの雑学記事

ゴルフには「下手を固める練習」という練習方法があります。
我流で学んで、ゴルフ雑誌を読んで勉強する「下手を固める座学」という勉強方法です。
一生懸命に練習していても、自分勝手に間違ったことをやっていると逆に下手になってしまうということですよね。
勘違いによる間違った感覚で練習を続けているともいえます。

私は、全くこれの適合者です。
その反省から、失敗談やゴルフ記事を独断で書いています。
間違いは、ぎょうさん書いていますが・・・追求は不要です。
アホなオッチャンが書いとるわ・・・アホちゃうでOKです。


スポンサーリンク

「ゴルフ雑学」記事一覧

遠心力で飛ばす為の「ツボ」は・・?
「クラブに仕事をさせる」と良いことだらけ

「コック」と「ヒンジ」の概念
「ゴルフ」と「こぶら返り」の関係は・・?

「国内のゴルフコース」は立地条件で分類すると・・・?
「直ドラで練習」について・・・・・
「芝が薄い時」ほど、体の回転で
股関節と手打ちの関係
ゴルフスイングは股関節を使うのが重要です。

芝生の3悪人 in ゴルフ①「ヘッドアップ」
芝生の3悪人 in ゴルフ②「手打ち」
芝生の3悪人 in ゴルフ③(スエー)
シャンク in ゴルフの悪人
力を抜く極意(グリップ)

「膝は左右になら動いても良い」この余裕がスイングをやさしくします。
「ひざ」と「頭」のお話
スイング軌道も決めてしまう「セットアップ」
良いスイングをつくるための「前傾角度と腕の出し方」悩んでいませんか?
ゴルフスイングで「ダブリ」が多なってきた!in なんでやねん?
ダウンスイングでは「左腰(お尻)は引く」
ティーアップの高さの疑問
中高年の方は「クローズドスタンス」が良いようです
バックスイング(テークバック)についての疑問
パットについて(おもろいゴルフ)
もっと「クラブに仕事」をしてもらおう

「練習場」記事一覧

上手くなるためにゴルフ理論をひたすら勉強し苦しい練習に励むのも、一つの方法ですが、
楽しみながら基本を身につける、実力のあるゴルファーに向かっていく
上達法もあるんですよね。

練習場は試合(アマチュアは本番)のために、プレー本番は練習のために行くんですよ。
また、スコアをつくるのがコースであり、スイングをつくるのが練習場なんだ、
という方もおられます。

「練習場」の記事は画像をクリックしていただいたら出てきます。
暇な時に見ていただけたら、幸いです。

「これからゴルフを始める方へ」記事一覧

ゴルフは生涯楽しめるスポーツで、軽い気持ちで始めてみたり、会社のコンペに出なくてはならなくなり、しぶしぶ始めたもののどっぷりはまっていく方が多いスポーツです。
でも、かけ事、魚釣り、山登りと同じように趣味です。

私が思うゴルフの一番の良い所は、勝手に歩かされる・・・皆さん、いつもは運動していますか?
この歩くということは、ゴルフにとってすごいいいことなんですよね。
上手な方は皆さん、各ホールを歩いてプレーを楽しんだはります。
ゴルフには、ちょっとでも遠くへ飛ばしたいと願う気持ちがあります。
飛ばしたっかたら、歩くことです、うまくなりたければ、歩くことです。
私の友人で、全くカートを乗らないで、プレーされる、すごい友人がいてます。
知り合った当初は、私の方がゴルフは上手かったのですが、いつのころかわかりませんが、今では全く見事に追い越されてしまいました。
歩いた距離の差が出たようです。

過去に遠回りした反省を込めて、記事にしています。
私的な記事なので、ゴルフの上手な方からしたら、ちやう! といわれることも多々書いていると思いますが、
暇な時にでも、見てもらえればうれしいです。
基礎をしっかりと身につけることが重要です。
自己流は絶対に遠回りするので、下半身の動きを覚えられたら、練習場の教室やレッスンプロに疑問なことだけをショートレッスンで教えてもらえる方法もあります。
ゴルフの自己流は絶対にNGです。
そこで終わってしまいます。

最後に「練習場」は試験会場、「ゴルフ場」は予習するところです。
と私は思っておます。