滝野カントリー倶楽部 八千代コース

滝野カントリー倶楽部
八千代コース

「滝野カントリー倶楽部、八千代コース」は、兵庫県多可郡多可町八千代区大屋地区の、野間川の源流をさりげなく組み込んだ美しい丘陵に優雅に抱かれた本格的な林間コース。
開場は、1992年(平成4年)、中国自動車道「滝野社I.C」より25km、「加西I.C」より23km、ともに約30分。
大阪方面からは、少し足を伸ばして頂き豪快なショットと攻めごたえのある八千代コースで心のリフレッシュも同時に図ってみて下さい。

野間川

 兵庫県西脇・多可郡多可町を流れる加古水系の一級河川。加古川の支流にあたる野間川沿いに約1.3kmの遊歩道が整備されている。
ゲンジボタルの名所で、例年の見頃は6月上旬~下旬にかけて。
気象条件の合う最盛期には2-5万頭ものゲンジボタルの乱舞を見ることも可能だ。
観賞時間は夕暮後、あたりが薄暗くなり始める19時半頃から約90分。
シーズン中は俵田地区以外にも多可町の至るところで幻想的な光景を見ることができる。

スポンサーリンク

「滝野カントリー倶楽部」 八千代コース 概要

「滝野カントリー倶楽部」八千代コースのクラブハウスは、明かりとりのガラス張り三角屋根が特徴的でレンガ貼りのヨーロピアンスタイルの建物は、自然豊かな地によく馴染んでいる。
クラブハウス内も落ち着きのあるなかに、明るく開放的なフロントは高級感あふれる空間。
随所に設えられた古美術品や暖炉の存在は、より重厚感を演出。
寛いで過ごすことができる。
ゴルフは単なるレジャーではない、単なるスポーツでもない。
だからこそそれなりの設備の整ったゴルフ場でプレーしたい、そんな方のためのゴルフ場です。

滝野カントリー倶楽部株式会社(旧:昭産業株式会社)
 2002年(平成14年)5月8日 民事再生法申請
 2002年(平成14年)11月21日 民事再生計画案可決
 2020年(令和2年)社名変更
(昭産業株式会社→滝野カントリー倶楽部株式会社))

兵庫県多可郡多可町八千代区大屋
TEL:0795-35-0880 
FAX:0795-35-0890
公式サイト:https://takinocc.com/
運営会社:滝野カントリー倶楽部株式会社

カード:AMEX DC JCB NICOS OMC ORICO SAISON UC VISA アメックス セゾン ダイナース ペルソナ MasterCard 
    ライフ UFJ TOYOTA TS3 CARD

開場日:1992年(平成4年)09月20日
設計者:服部 彰氏 兵庫県では他に
1975年(昭和50年) 佐用スターリゾートゴルフ倶楽部(旧・佐用ゴルフ倶楽部)
1983年(昭和58年) 北六甲カントリー倶楽部 東コース
1986年(昭和61年) 北六甲カントリー倶楽部 西コース

コース:面積 1,050,000m2 林間 コース ベント(ペンクロス)1グリーン
ホール:OUT PAR 36 3316ヤード IN PAR 36 3373ヤード OUT・IN PAR 72 6689ヤード

フェアウェイ:コーライ 刈り方:ゼブラカット ラフ:ノシバ バンカーの数:32 池が絡むホール数:7 レギュラー:6346ヤード

コースレート:72.3(OUT・IN・ベント)

ラウンドスタイル:全組セルフプレー 自走式、乗用カート(5人乗り)

開場時間:通常:7:00~ 
宅配会社:ヤマト運輸

練習場

打球場、アプローチ、バンカー練習場はありません。パティンググリーン有

車の場合

中国自動車道/滝野社ICより25㎞(30分)
中国自動車道/加西ICより23㎞(30分)
大阪方面からは滝野社ICで降り西脇方面に出る。
途中、クラブ標識に従って左折、県道143号線(加美八千代西脇線)に出て野間川に沿う形で北上しコースへ。
クラブ標識も多く分かりやすい。
加西ICで降りて西脇方面から県道143号線を進む方法もある。

「滝野カントリー倶楽部」 八千代コース コース概要

「滝野カントリー倶楽部」八千代コースは、野間川の源流をさりげなく組み込んだ美しい丘陵地に優雅に抱かれた本格的な林間コースで自然林を多く残し、小川の流れが美しい景観抜群のコース。
18ホール中16ホールでティーグランドからグリーンが見渡せ、プレーヤーを飽きさせない戦略性の高い本格派コース。
アップダウンがきつく、全体的にフェアウェイが狭い感じるコースですが、手入れが行き届いておりフェアウェイ・グリーンともに満足できます。
メンテナンスの行き届いたゼブラカットのフェアウエーは、数多くのゴルファーから高い評価を頂いております。

コース全体は広々しているものの、全般にどのホールも特徴を持ち、林間の雰囲気を存分に味わえる18Hで構成されている。
アンジュレーションは少なく、特に打ち上げホールはほとんどない。
各ホールは自然の檜杉で贅沢にセパレートされ、フェアウェイは平均65m幅というゆとりの設計。
また、ミドルホールはティグランドから、ロングホールは第2打地点からピンポジションを確認でき、ホール攻略法も立てやすい。
ただし、5ヶ所の池が戦略的にレイアウトに取り入れられています。、
大自然に向かって豪快なショットを楽しめるだけでなく、戦略的にレイアウトされた池やクリーク、要所要所に現れる立木が効いているため、一筋縄ではいかない印象だ。

ベント1グリーンの大きなアンジュレーションがゴルファーを悩ませ楽しませてくれる。
しっかりとグリーンと展開を読んで、どう攻めるかが重要ですね。
また、2段・3段グリーンが多く、段差がしっかりあるのも特徴的。
ただ、段のあるグリーン面は比較的フラットなので、乗せてしまえばしっかりと狙えるはずだ。

バンカーの数も少なめで、そこに戦略的にレイアウトされた池・クリーク、ベントグリーンのアンジュレーションなど、
プレーヤーを飽きさせる事のない味わい深いコースです。

OUTコース PAR 36 ヤード数 Back: 3316Y Regular: 3144Y Ladies: 2629Y

アウトコースは、比較的広い空間にティーショットを打っていけるホールが多い。
また、アップダウンをあまり感じることなくラウンドすることができるので、のびのびとしたプレーが楽しめるだろう。

No.5 PAR 4 Back358Y
名物ホールは5番の3段グリーンは縦に50Yある名物グリーンは要注意だ。
ティショットOB特設ティよりプレーイング4。
左側手前林OB。 右側池OB。
3段グリーン。

INコース PAR 36 ヤード数 Back: 3373Y Regular: 3202Y Ladies: 2633Y

 インコースは、アウトコースに比べるとガラリと印象が異なる。
打ち上げや打ち下ろし、池やクリークなど、トリッキーなホールが多い。
ラウンドする上で特徴的なのは、グリーンの速さです。
非常に芝を刈り込んでいますので、パターの腕がためされます。
さらに14,15番はクリークがフェアウェイを横切るなど頭脳的プレーが要求されるホールも多い。
特に、池やクリークが絡む13・14・15番は、八千代コースのアーメンコーナーと呼ばれるほど、ハザードが効いていて、マネジメント力が試されます。

No.15 PAR 4 Back385Y
ティショットOB特設ティよりプレーイング4。  
ティグランド前方のクリーク及び左右クリークにはいった場合OB。
グリーン手前のクリーク(赤杭)にはいった場合は前方特設ティより1ペナルティ。

「滝野カントリー倶楽部」八千代コース 感想

「滝野カントリ倶楽部」八千代コースは、大阪からは2時間以上と、また高速出口から少し距離があり交通のアクセスが悪くゴルフ場までの距離はあるものの、景観もよく、奇麗なゴルフ場で大自然に囲まれた山林の中にあるコースです。
外観は車寄せからして高級感があり、内観もシックで落ち着きがあります。
フロント及びコース・レストランの従業員さんも非常に愛想が良いです。

コースの手入れがしっかり行き届いており、きれいなコースです。
管理が行き届いているので、グリーンとバンカーの状態も良かったです。

コースは広く、距離もそこそこあり気持ち良く振ることができます。
ティーグラウンドからの1打目はフェアウェイが狭めなので正確なショットが必要でした。
全体的に山岳と林間を合体したコースで、アップダウンも厳しく最終ホールは、打ち上げで砲台グリーンなので大き目の
クラブ選択で攻めるのがベストと思います。
コース内は、林から抜ける風が心地よくラウンドできます。
高低差があり、グリーンもアンジュレーションがあり、グリーンの傾斜と二段グリーンにやられました。
が・・・大変面白かったです。
距離の短いホールはグリーンが難しい
挑戦意欲をかきたてる本格的な林間コースになっているが、この「滝野カントリー倶楽部」八千代コースさんは料金はリーズナブルでお得なプランも組まれています。
綺麗・安い・戦略的とどれを取っても料金以上の内容です。

ナビがあればいうことなしです。
ランチメニューもおいしくいただけます。
おすすめゴルフ場です。