東広野ゴルフ倶楽部

「東広野ゴルフ倶楽部」の位置する、兵庫県三木市志染町三津田という所は、元々の地名は「満田」であり、「呑吐(どんど)の滝」(ダム建設前には志染川、山田川上流に大小の滝があり、それらが川の水を呑んで吐くことから)から水を引いて水田が作られ、田が満ちている土地であったことに由来するようです。

「東広野ゴルフ倶楽部」の所在地は、三木市(みきし)は、兵庫県の南部、東播磨地方に位置する市で神戸都市圏に属する、旧美嚢郡。
なお他の地域にある、三木との区別を意識する場合、旧国名を用い播磨三木(はりまみき)、もしくは、播州三木(ばんしゅうみき)と称される。
日本標準時子午線がある。

スポンサーリンク

「東広野ゴルフ倶楽部」概要

開場は1989年(平成元年)の丘陵コース。
「東広野ゴルフ倶楽部」はあの日本のゴルフの聖地と呼ばれる「廣野ゴルフ倶楽部」の4km東にあります。
メンバーの人数が決まっている「廣野ゴルフ倶楽部」のメンバーになるにはメンバーの空きがでるまで待たないといけなくて、それを待てない廣野のメンバーの2世さん達が作ったコースと言われています。

また監修を務めた乾豊彦乾氏(元乾汽船会長、広野ゴルフ倶楽部の戦後復興に尽力した人物)は「廣野ゴルフ倶楽部」の再建の中心的役割を果たし、「廣野ゴルフ倶楽部」の理事長を長年務めた廣野を知り尽くした人物のようです。

巧みなアンジュレーションが施されたコースは、難易度が高く、プロをも苦しめると評判です。
春は桜、秋は紅葉と四季の豊かさを感じることができます。

「東広野ゴルフ倶楽部」は、なかなか、敷居の高いゴルフ場ですが、チャンスが有ればお薦めのゴルフ場です。
クラブハウスに入る時は真夏でも上着着用です。
もし、忘れた方には、入り口にブレザーが用意されていますので、それを着用して入場されると良いと思います。

 

 

兵庫県三木市志染町三津田1525-8
TEL:0794-87-3111
FAX:0794-87-3535
公式サイト:http://www.hh-gc.com/

カード  JCB , VISA , AMEX , UC , MasterCard , Diners , UFJ , DC

開場日 1989年(平成元年)10月14日
コース設計は小林佑吉氏が設計を担当し、乾豊彦氏が監修を担当。
面積 119万m2  丘陵コース OUT・IN 18ホール パー72  距離7,062Y  ベント(ペンクロス)1グリーン
フェアウェイ:コーライ ラフ:コーライ バンカーの数:78 池が絡むホール数:12 レギュラー:6690ヤード

コースレート:74.4(OUT・IN・ベント)
ラウンドスタイル:全組キャディ付き  リモコン式・乗用カート(5人乗り)使用でのラウンド

 

乾氏の薫陶を受けた小林佑吉が設計したコースには

「メイプルヒルズゴルフ倶楽部(滋賀県)」
「三田SYSゴルフリゾート(旧、三田カントリー27)(兵庫県)」
「ジャパンビレッジゴルフ倶楽部(兵庫県)」
「神戸グランドヒルゴルフクラブ(旧、西宮六甲ゴルフ倶楽部)(兵庫県)」
かさぎゴルフ倶楽部(京都府)」

などを設計されています。

 

【練習場】

打席数/15打席   距離/270ヤード アプローチ・バンカー・パター練習場あり

 

【車の場合】

山陽自動車道/三木東IC 5 km
三木東IC料金所を出たところの交差点を左折。
御坂交差点を左折し、県道三木三田線(県道38号線)を三田方面へ。
御坂東交差点を右折して約3㎞でコース。
神戸方面からは新神戸トンネルを通り、箕谷を経て三木方向に県道85号線を進み、衝原湖を経てコースへ。

 

 

「東広野ゴルフ倶楽部」コース概要

自然を生かして手造りの味がある丘陵コース。
古き良き時代の雰囲気と新しい感覚を調和させた“クラシック&モダン”が開発の理念とされている。

変化に富んだホールが続くのでプレーしていて非常に楽しいが全長は7158ヤードと長く、息の抜けないホールの連続となる。
特に4つあるパー3の内3ホールが池絡みで、全て完成度が高い。

設計者はパー3のレイアウトを最重視したようで、3番の浮島ホールを決めてから全体のレイアウトを描いたようだ。

その理由は、パー3が個性的であればあるほど、他のパー4、パー5も引き立ち、ゴルファーの印象もより深くなると考えたようだ。

そして、ラフの根付きがしっかりしていて、密集したラフに入れるとボール探しも大変ですが、距離優先で攻めると大叩きの原因にもなります、
ラフに入れたら、まずはゴメンと誤り一歩引いた気持ちの余裕を持って短いアイアンで攻めるのもありです。

東広野、自慢の難関、グリーンはアンジュレーションがきつく傾斜を正確に読み取る技量が要求される。

アウトコース PAR 36  ヤード数 Blue: 3503Y Yellow: 3283Y Ladies: 3053Y

3番ショートホール
グリーンを外したボールは、すべて池の藻層と化してしまう、東広野の名物ショートホール。
打ち下ろしで距離と風の計算が難しく、日によってクラブの番手が2つ違うは違う厄介なホール。
ピンを狙うよりグリーンにボールを止めることがポイントです。

インコース PAR 36  ヤード数 Back: 3559Y Regular: 3367Y Ladies: 3112Y

17番ショートホール
池と竹林に囲まれた風光明媚なショートホール。
グリーンは横長で奥行きのない3段グリーンになっている。
ティグランドとグリーン上の風向きは一致せず一致せず。
距離の読みづらいホールです

「東広野ゴルフ倶楽部」感想

 

一度はプレーしてみたいと、ズ~と思っていた「東広野ゴルフ倶楽部」
ゴル友の寺本さんより、嬉しいお知らせが入り、やっと念願が叶いました。
酷暑の中のゴルフでしたが、楽しませて頂きました。

クラブハウスの重量感、スタッフ、コース、キャディさん、コース管理、食事すべての面で申し分ありません。
プレーしたコースの中では、トップクラス、また行ってみたいゴルフ場です。

コースはやたらバンカーが目につくコースでした。
私はFWバンカーは苦手ですが、ガードバンカーは得意なので楽勝と思っていましたが、スゴイ敵が待っていました。

それは「ラフ」でした。

キャディさんにここの「ラフは注意せんと」とのアドバイスを無視したために、大叩き。
東広野で、初めてプレーされる方、「ラフに入れたら」まずは・・ゴメン、そして短いアイアンでまずはFWへ・・・鉄則でっせ!
ここのキャディさんも素晴らしい! さすが「東広野」でした。

トーナメントが開催されるとのことで、ラフをいつもより、伸ばしているように思うと言っておられまあした。

攻略ルートを正しくなぞる力量のある人には魅力的なゴルフ場です。

大雑把なコースになれた人には手強いコースです。

パワーだけではどうにもならない造りのコースです。
フェアウェイだけではなくグリーンもアンジュレーションがきつく、傾斜と速さを読み切る力がないと3パットになかされる。

かなりゴルフに親しんだゴルファー向きですが、お薦めのコースです。

 

 

スポンサーリンク