妙見富士カントリークラブ

妙見富士カントリークラブ

兵庫県多可郡多可町中区牧野、地区に妙見富士の雄大な自然を背景に、1986年(昭和61年)開場。
ホール間の樹木が豊富なのでフェアウェイは狭く見えるが、実際は広い。
クリークや池などを配し、個性的なホールが多い林間コース。

有馬富士山

有馬富士(ありまふじ)は、兵庫県三田市にある標高374mの山である。
北東に花山法皇(かざんてんのう、かさんてんのう・日本の第65代天皇)が隠棲した花山院菩提寺があり、「有馬富士ふもとの霧は海に似て波かときけば小野の松風」と詠歌にも詠まれている。
有名なご詠歌とともに西国三十三所巡礼の番外札所の一つとして知られる 花山院菩提寺(かざんいんぼだいじは)、市内でもっとも参詣客が多い寺院のひとつです。
現在の菩提寺の境内には、薬師堂(本堂)のほか花山法皇殿、花山院御廟所、荒神堂などの史跡が所在しています。
これらのうち番外札所としての同寺の歴史的な成り立ちを考える上で、もっとも重要な役割を果たしたのが「御廟石塔(ごびょうせきとう)」と呼ばた御廟所です。
戦国時代の古文書にも名前がみえる菩提寺ですが、番外札所として位置づけられるのは江戸時代後半以降のことと考えられます。
一方で遅くとも江戸時代初期にはこの石塔が、法皇の廟所として知られていたことが当時の名所案内などからわかります。

スポンサーリンク

「妙見富士カントリークラブ」概要

「妙見富士のクラブハウス」は、妙見山のふもとをめぐるようにレイアウトされているので、全体の高低差はあるがホール毎にはフラット。
プロゴルフトーナメント「三菱電機ファンタスレディス」 (1988年)が開催された歴史をもつ、本格派チャンピオンコースで難易度が高いコースに挑戦できます。

「三菱電機ファンタスレディス」 (1988年・昭和63年) 優勝者は小田 美岐プロ( 1959年・昭和34年04月05日生まれ、京都府出身、同志社大学卒業)

併設のカナディアンログハウスは4棟(内1棟はログハウス内部にテントを設置したグランピング仕様)あり、豪華ログハウス宿泊プランとして大好評です♪
またゴルフ場横に本格パターコースがあり、お子様や家族連れに大好評! 
お気軽にお問い合わせ下さい。

2003年年(平成15年)8月、経営の相武総合 開発(株)が民事再生法申請。
(株)CHAをスポンサーとする再生計画案が可決。
 2007年(平成19年)7月(株)妙見富士CCの商号に変更。
ホテルモントレ・グループが買収し、同年7月1日より同グループで営業開始した。
2008年(平成20年)2月、(株)隨縁リゾートに商号変更。

開場日:1986年(昭和61年)04月23日
設計者:相山 武夫氏  1966年には、相武総合開発株式会社を設立し全国各地でゴルフ場の経営に携わった。
設計・監修に携わったコースは全国30コース近くに及ぶ。
設計した代表的なゴルフ場としては、横浜カントリークラブ(神奈川県横浜市)がある。

カード:AMEX JCB UC VISA ダイナース UFJ 

面積:99万平方メートル 林間コース ベント(ペンクロス)1グリーン 
コース:OUTコース 9ホール パー 36 3,473ヤード INコース 9ホール パー 36 3,298ヤード
TOTAL: 18ホール パー 72 6,771ヤード レギュラー:6432ヤード
コースレート:72.1(OUT・IN・ベント)

フェアウェイ:コーライ 刈り方:ゼブラカット ラフ:ノシバ バンカーの数:95 池が絡むホール数:2

ラウンドスタイル:全組セルフプレー 電磁誘導乗用リモコンカート(5人乗り)

開場時間:通常:6:30~
宅配会社:ヤマト運輸

練習場

打球場:35ヤード 8打席 アプローチ練習場、パティンググリーン

車の場合

中国自動車道/滝野社ICより21㎞
滝野社IC出口を右折して、国道175号線バイパスを西脇方面へ。
西脇市街を抜け国道427号線に入るか中央橋交差点を左折し国道139号線に入り直進、森本信号を右折し、北播磨余暇村公園方面に向かいコースへ。中央橋経由がわかりやすい。

「妙見富士カントリークラブ」コース概要

「妙見富士カントリークラブは、北播磨の自然の中に悠々とレイアウトされたフラットな18ホール。
各ホールの景色がそれぞれ素晴らしいです 広々とした山々、池ありクリークあり、それぞれ雰囲気よく飽きることなく楽しめる林間コース。

ロングホールの距離が短いですが、二打目以降が打ち上げになっていたり、ハザードが巧みに配置されていたりして、
距離が短いからといって簡単ではない。
ミドルホールは一番短い距離でも330ヤードで、サービスホールは有りません。
ホール間の樹木が豊富なのでフェアウェイは狭く見えるが、実際は広い。
そして、クリークや池などを配し、個性的なホールが多い。
四季折々の変化を感じながらのプレーを、心行くまでお楽しみください。

OUTコース 9ホール パー 36 ヤード数 Back: 3473Y Regular: 3325Y Ladies: 2871Y

アウトは巧みな技のみせどころ、フラットが基本となったおり思いきったショットが楽しめます。
3番のグリーン手前は2段の池。
7番は中央に段差のあるフェアウェイで、低いほうからはグリーンが見えない。

No.6 PAR 4 Back387Y
なだらかな、のぼりのホール。
セカンド地点まではフェアウェーがクロスバンカーへ傾斜している。
グリーン手前の花道は広い。

INコース 9ホール パー 36 ヤード数 Back: 3308Y Regular: 3107Y Ladies: 2792Y

インは自然の景観をそのまま活かした戦略性の高いホールが続きます。

No.14 PAR 4 Back416Y
ティショットはやや打ち上げ、
グリーンへはなだらかに下っている
右ドッグレッグのホール。

「妙見富士カントリークラブ」感想

「妙見富士カントリークラブ」は、年期の入ったシンプルなクラブハウスや施設はきれいにされております。
コース管理、グリーンと良く整備され、スタッフの方の対応も丁寧で楽しくプレー出来ました。
フェアウェイもグリーンも丁寧に整備されていて、フェアウェイもグリーンも整備されていて、綺麗なコースです!
面白いけどなかなか難しいコースでした。

全体的に景色も良く斜面の沿ってうまくレイアウトされているので、フェアウェイが若干横に傾斜されています。
アップダウンもなくプレーしやすいコースでした。
フラットで広いので、難しいライから打つことも少ないです。
ミドル、ロングとも距離が長いです。
ショートも200y超えも有りました。
池越えのショートホールなどコースもいろんなアレンジがありよかったです。
大きく育った木の配置が素晴らしく、フェアウエーに残っていてもグリーン狙いが難しいホールもあり、プレーした日は風もフォローやアゲンスト混合していてクラブ選択に苦労しました。
バンカーにはあまり入りませんでしたが砂が少なくて少し硬い印象が残りました。

コースは雄大で砲台のポテチグリーンにバンカーがグリーン周りに巧みに配置されており、本格的で面白いコースです。
グリーンのアンジュレーションが利いていて、カップ付近はきれる位置に切られていた。
そして、1グリーンのため、落とし所によってはアンジュレーションがきつく3パットも出ます。
2段のグリーンは速くてタッチを合わせるのに苦労しました。

上級者・飛ばし屋には、物足りないかも知れませんが、すべての年代層向けのコースでお薦めのコースです。

是非カートナビが欲しいですね。
それから、ここのクラブ掃除は丁寧で完璧です。
ありがとうございます。

宿泊

本場カナダ産の木材を使用した、こだわりのログハウスは3棟。
ゆとりの居住スペースを一棟貸し切り。
バーベキューや地元の国産牛を使ったしゃぶしゃぶ等もご用意しています(要予約)。