ダウンスイングでは「左腰(お尻)は引く」

ダウンスイングでは
「左腰を引く」
あってます

全身の力を上手く使えるようになるにはお尻、特に左尻を引く動きが重要です。
切り返しから腰を回転するのではなく、左に移動するイメージを持つ。
その際は横(飛球線方向)ではなく、左後方にお尻を動かすイメージ。
左足を伸ばしながら腰を回転し左後ろに逃がすイメージ。

スポンサーリンク

スイング中の「前傾をキープ」する方法

スイングでゼッタイと言っていいほど大切なことの一つが「前傾を変えない」ということだ。
スイングの最重要事項だ。
もちろん、自己流スイングでも同じだ。
しかもパターからドライバーまで共通している。

そのためのコツが「左の尻を後ろに引く」
「左の尻」!
前傾を保つためには「左尻を後ろに引く」のだ!

ゴルフスイングにおいて前傾角度を維持する事は、つまり前傾姿勢を保つ事は非常に重要です。
アドレスからインパクト、フィニッシュにかけて前傾姿勢は保たれていなければなりません。
インパクトで伸び上がってしまう動きは、アマチュアゴルファーの悩みの1つです。

その前傾姿勢をバックスイング~トップ~ダウンスイング~インパクト~フォロースルー~フィニッシュと保ち続けないといけません。
これは、止まっているボールに対してアジャストした場所へ戻すには当然と言えば当然ですね。
もしこの前傾角度が崩れ、途中で起き上がったり角度が深くなったら、クラブヘッドを元の位置に戻すために手を使ってしまいます。
その結果トップやダフリ、プッシュアウトや引っかけなどの原因となる訳です。
だからスイング中に前傾姿勢を維持する事はとても大事なんです。

ただそれがなかなか出来ないのも事実。
またこれを意識していない人も多いいんです。

ゴルフスイングの基本動作は、肩を回転させる動きです。
肩を回転させる意識がないと、身体が伸び上がる「手打ち」スイングになります。
肩を左右に大きく回転させながら、ゴルフスイングの基本動作を感覚的に身につけてください。

ダウンスイングでは、「左のお尻を真後ろ」に引くだけ

円のように回転させる意識だと腰が流れます。
頭の中のイメージとして、体の軸を中心に腰を円を描いて回す意識でスイングすると、実は腰が回っていない、というケースが多いんです。
イメージでは回そうとしてるのに、回すどころかターゲット方向に腰が流れるので上手く回らないんですよね。
むしろスウェーするので、ダフったりスライスしたり、ミスにしかなりません。
ターゲットラインかターゲットラインより左におへそが向くくらいまで回転できていれば、フィニッシュは完璧です。
意識すべきは腰そのものではなく、お尻なんですよね。

目標方向ではなく、立っているその場でぐりっと動かしていきます。
左尻を引くとは、この動きのことです。
右のお尻を真後ろに引くテークバックができたなら、ダウンスイングは左のお尻をグッと真後ろに引くだけです。
それだけで、腰がクルッと反転します。
左のお尻を強くグッと引くタイミングとしては、切り返し直後が理想。
プロは、切り返し直後からハーフダウンにかけて、このお尻の動きが顕著です。
ハーフダウン以降はその惰性で自然に腰が回転する感覚です。

テークバックでは右のお尻を真後ろに引く。
ダウンスイングでは、切り返し直後から、左のお尻を真後ろに引く。
つまり、腰を回転させようと意識する必要はなく、ただ、左右のお尻を交互に真後ろへと引くことだけに集中すればよいのです。
この意識改革だけで、左右のスウェーや軸ブレ、トップでのリバースが全部改善されて、すくい上げ、打ち込み過ぎ、プッシュアウトやチーピンといった問題に、速やかに対処できるはずですよ。

スムーズにお尻を後ろに引く

ショートアイアンを持って素振りをします。
まずアドレスからテイクバックではなく、自分の頭の中にあるインパクトのイメージの形を作ってみてください。
するとシャフトはハンドファーストの向きになっていませんか。
腰はどのくらい開いていますか?
そして肩はどうですか?
アドレスから少しだけ腰を開き、肩はスクエアのままといったような感じですか?
もしあなたのイメージがその程度だとしたら、もっと思い切ったインパクトの形を作りましょう。
すなわち、腰は目標方向に正対させてください。
そして肩は、右肩が前に出ないようにして20度くらい開きます。
頭はボールの後ろに残します。
そのとき右サイド(脇腹)がアドレスより縮んでいる、いわゆる側屈の形になるようにしてください。
側屈をやり過ぎると、フェースが開きます。
このときに最も考えてほしいのは、左尻の位置です。
アドレスより左尻を後ろに引くと、この形が作りやすいはずです。
アドレスの位置のままでは、右サイドが前に出てしまいます。
今まではボールを打つために、クラブを振るためにあれこれ注意をし過ぎていましたが、左腰を後ろに引くだけで意識しなくともたくさんのメリットが生まれます。
「左尻」を引く動きで力強い弾道を手に入れることができるのです。

ただし、腰引けには注意しましょう!
左のお尻を引いて回転することと、似ているようで異なる、腰引け。
切り返しで腰を回す、という言葉が、その場で腰を回転するようなイメージにつながってしまい、腰が引けたバランスの悪いスイングを生む原因となっているようです。
腰引けは、切り返しで下半身が先行するところを上半身先行となり、クラブがアウトサイドから入ってしまうことに原因があります。
ダウンスイングで左膝が伸びないように意識することで、腰が引けるのを防げますので、腰が引けてしまっているという人は、ぜひ見直してみてください。

ゴルフ場の予約・検索 その他

日本最大級のゴルフ場予約サイト【じゃらんゴルフ】