チェリーヒルズゴルフクラブ

「チェリーヒルズゴルフクラブ」(兵庫県三木市細川町)は1989年(平成元年)開場で、ロバート・トレント・ジョーンズJr.の手によって創り上げられた、フラットで広々とした細川丘陵地に、人工美と自然美が溶け込ませたアメリカンスタンダードタイプのKing・Queen・Princeの27ホールズのゴルフ場です。

細川町(ほそかわちょう)は兵庫県三木市にある地区であり旧細川村である。
三木市の北部に位置し、地区の中心部には美嚢川が流れており、川沿いに集落を形成している。
また、東側には小川川が流れており、丘に当たる細川丘陵には石上山があり、そこには、女子プロトーナメントが開催されている「マスターズゴルフ倶楽部」等のゴルフ場が立地しています。

スポンサーリンク

「チェリーヒルズゴルフクラブ」概要

「チェリーヒルズゴルフクラブ」は、関西を中心に8つのコースの直営ゴルフ場を経営している信和ゴルフグループが運営しています。

世界を代表するロバート・トレントジョーンズ・ジュニア設計のコースで池とクリークの配置が絶妙と言われています。

近隣には「信和グループ運営」の日本屈指の難コースの認定を受けている「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」と同じで「レイアウトがタフで難しい」と評判になっていて、関西のゴルファー愛好家では一度はプレーしてみたいゴルフ場の一つと言われているほどのコースです。

名前に相応しく吉野・八重・しだれなど全国各地から取り寄せた20種以上、約1万5000本の桜が春になると咲き乱れるそうです。

コースはキング、クイーン、プリンスと3つ(それぞれ9ホール)のコースが用意されていす。

もともと法人の接待用に作られた経緯があり、ゴルフ場敷地入り口からクラブハウスへと続く、1キロにおよぶ桜並木のトンネルは圧巻です。

その他、主な大会
◇アイスターシニアカップ  1992年 (平成4)
◇LPGA女子プロテスト最終予選  2018年(平成30年)

第52回 日本女子プロゴルフ選手権大会 コニカミノルタ杯 開催
2019年(令和元年)9月12日(木)~15日(日) 畑岡 奈紗選手が優勝(-18 TOTAL 270)

Photo:Atsushi Tomura/Getty Images

畑岡奈紗プロ『1999年(平成11年)/01/13 )』茨城県笠間市・出身

ゴルフ場に勤務する母・博美さんの影響で11歳から競技を始める。
中学時代は陸上部に所属し、200m走の選手として活躍。
2016年「日本女子オープン」で国内メジャー史上初のアマチュア優勝を果たし、プロ転向を表明。
17年「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」でプロ初優勝。
同年、米ツアーに主戦場を移し、18年「アーカンソー選手権」で米ツアー初優勝。
19年「キア・クラシック」で3勝目。
アメリカ航空宇宙局・NASAが名前の由来。「前人未到のことを達成できるように」との願いも。(GDOより)

兵庫県三木市細川町細川中字道重1200-23
TEL:0794-82-9690
FAX:0794-82-9692
公式サイトhttps://www.chgc.jp/

カード:AMEX DC JCB MC NC NICOS SAISON UC VISA アメックス セゾン ダイナース

開場日 1989年(平成元年)11月28日
設計者 ロバート・T・ジョーンズ・Jr.氏
面積 143万m2  キングコース・クィーンコース・プリンスコース  27ホール パー108  ベント(ペンクロス) ワングリーン
コースレート:71.7(キング・クイーン・ベント) 71.4(プリンス・キング・ベント) 71.5(クイーン・プリンス・ベント)

ラウンドスタイル:キャディ付きとセルフの選択制。 リモコン式・乗用カート(5人乗り) 

名物のお土産:三木山マロン

【練習場】

250Yヤード 18打席
クラブハウスから徒歩0分という絶好のロケーションに位置するドライビングレンジ250ヤードの本格派。
アプローチ・バンカー・パター練習場完備しています。

【車の場合】

山陽自動車道/三木東ICより8㎞  三木東ICから10分。
中国自動車道利用は吉川ICで降り県道20号線加古川・三田線を三木方面に向かい案内に従いコースへ。
13.5キロ約20分
西宮北IC利用は県道38号三木・三田線を神戸電鉄・恵比寿駅手前で右折しコースへ。
三宮からは新神戸トンネルを抜け県道38号線に至りコースへ。

「チェリールズゴルフクラブ」コース」概要

四季の花々や咲き競う色彩豊かなコースレイアウトで緊張感と和みが心地良く融合し、なだらかに広がる丘の上からは播磨灘、淡路島を一望することができる戦略的27ホールズ。
コースコンディションの良さにも定評があります。
丘陵コースです。
全体的にはゆるやかな起伏があり、適度なアップダウンがあります。
真っ直ぐなホール、ドッグレッグしたホール、打ち上げ、打ち下ろし。
どのホールもレイアウトが戦略的。
「距離はそれほど長くなりませんが、とにかく頭を使ってプレーすることが要求されます」
と・・・設計者のトレントジョーンズはこう言ってます。

池やクリーク、マウンドなどが戦略性と美しい景観を演出している。
美しいフラワーコースをコンセプトに造られており、各ホールともフェアウェイが広くフラットで距離は短め。

グリーンもクセが少ない造りとなっている。
しかし、グリーン周りが難しく、クリークがフェアウェイを横切ったりで単純な攻め方ではスコアにならない。

飛ばなくても自分なりの球筋、飛距離をもっている人向きだ。
ショットが固まっているシニアには面白い。

戦略的なベントのワングリーンに美しいマウンドの起伏に覆われたフェアウェイ、クリークにガードされたショートホールや池越えのロングホールなどが、容易な攻略を許さない。

バンカーが随所に配置されており、強気の攻め一辺倒の単純な攻め気でのゴルフではスコアメイクは難しい。
球筋、飛距離のコントロールができるプレーヤーに味方するので・・・そこのコントロール・・・が、コース攻略のカギを握ります。

キングコース PAR 36  ヤード数 Back: 3254Y Regular: 3006Y Ladies: 2209Y

キングコースはドックレックが多いですが、フェアウェーが広く、気持ちよくドライバーが振れるホールが多いので飛ばし屋さんも楽しめる設定になっています。
キングは打ち上げ、ドッグレッグが多く、とにかくティショットをいかにフェアウェイキープするかが鍵を握っています。
ショートアイアンで刻むと3打目でピンを狙いやすく、スコアメイクがやさしくなります。

クイーンコース PAR 36  ヤード数 BACK: 3255Y REGULAR: 3034Y Ladies: 2260Y

クイーンは池やクリークが効いていて、心理的にプレッシャーになリますが広い・・・けど難しい。
難しくグリーンの落とし所で、3パットが結構出てしまいます。
クイーンはクリークと池がアクセントになっているホールが多く、そして左サイドに危険が多いホールが多いです。
レイアウトがオーソドックスでドライバーを振っていけるホールが多い。

プリンスコース PAR 36  ヤード数 BACK: 3301Y REGULAR: 3014Y Ladies: 2226Y

プリンスは高低差があり、距離の無い分、狭ばめで谷越え、池越え、クリーク越えあり・・・・と単純な攻め気ではスコアメイクは難しい。
戦略性を高めたコースです。

「チェリーヒルズゴルフクラブ」感想

クラブハウス迄の道中の桜並木道、満開の時は見事と言うしかないと思いながら走っていると、途中で関所がありました、受付ゲートです。
スタッフが笑顔で応対してくれます。

高級感漂うクラブハウスや、整備の行き届いたコースやスタッフは、ゴルフ銀座と言われるこの三木地域でも、ワンクラス上のコースでしょう。

メンテナンスがよくされていて、グリーン、フェアウェイとも申し分ありません。

練習場も広く、きちんとしたドライビングレンジで練習することができます。

料金もこれだけいいゴルフ場にしてはリーズナブルなので、お勧めです。

コース幅は割と広めですがアップダウンがありフェアウェイは絞ってあるので、まっすぐ打たないとラフに捕まりボール探しに苦労します。

クリーク、池、バンカーと難しいですが楽しいコースで、軽いドッグレッグのホールも幾つかありました。

ショートホールは距離があるので面白いです。

バンカーも、顎の高いバンカーが多く簡単には脱出できないバンカーが多く点在します。
典型的なアメリカンスタイルなので、これでもかってぐらいプレーヤーをびびらせるバンカーが多数ある

グリーンはアメリカンスタイルだけあってアンジュレーションが大きいですが、「打ったパットが元の場所に戻る」ほどクレージーな傾斜はありませんでした。
グリ-ン回りはバンカ-だらけで花道は望めません。
グリーンには起伏もありますが大きいので助かリます・・・が、3パットにすぐなります。
グリーンは硬くほかのゴルフ場ならボールマークがしっかりできるところでも少し凹むだけで傾斜もあり速かったです。

コースは狭いところも・広いところも・色々と変化に富んで飽きさせないホールの連続です。
無理をするとえらいことになります。

スポンサーリンク