宇陀カントリークラブ

「宇陀カントリークラブ」は、1982年(昭和57年)開場で大和盆地を見下ろす、なだらかな丘陵地に広がるアメリカンスタイルのコース。
なんといっても、コース内45カ所に配された業界初という特許を取得した白砂際立つバンカーが圧巻。

 

【大和盆地】

 

奈良県北西部にある盆地。
大和平野,大和盆地ともいう。
また古代に藤原京,平城京が造営された地で,大和国の中心をなしてきたため、現在でも国中(くんなか)の称がある。

スポンサーリンク

「宇陀カントリークラブ」概要

「宇陀カントリークラブ」のクラブハウスは、平屋のような重厚な佇まい。
城を模した温泉館を奥に従え、より個性的な雰囲気を醸し出している

傾斜砂面に十分な高さと傾斜角度を与えることができるバンカーの構築方法(建築物を利用する主体=人間を中心に据える)により、遠くからでも目に入るこのバンカーは、プレイヤーに視覚的プレッシャーを与える存在だ。
さらに、アンジュレーションのあるフェアウェイやグリーン周りに施された多くのバンカーなどにより、戦略性も求められる丘陵コース。


奈良県宇陀市大宇陀区岩清水23
TEL:0745-83-2800 
FAX:0745-83-1781
公式サイト:http://www.udacc.co.jp/
運営会社:光ゴルフ観光㈱ 

カード:AMEX JCB NICOS UC VISA アメックス ダイナース MasterCard UFJ 

開場日:1982年(昭和57年)09月01日
設計者:上西 荘三郎氏
その他、兵庫県・能勢カントリー倶楽部 大阪府・ベニーカントリー倶楽部 (改) 滋賀県・近江カントリー倶楽部 奈良県・宇陀カントリークラブ 和歌山・紀伊高原ゴルフクラブ

ホール:OUT・IN 18ホール PAR 72 6,901Yヤード 丘陵コース
コースレート:72.3(OUT・IN・ベント)
コース:ベントの1グリーン フェアウェイ:コーライ 刈り方:ゼブラカット ラフ:ノシバ
バンカーの数:100 池が絡むホール数:5 レギュラー:6580ヤード

ラウンドスタイル:キャディ・セルフ選択可、キャディ付きかセルフの選択制(土・日・祝は全組キャディ付き)、自走式・5人乗り乗用カート(GPS搭載ナビ)

開場時間:通常:6:30~ 夏季:6:30~ 冬季:7:00~
宅配会社:佐川急便

【練習場】
60ヤード 9打席 パティング練習場

 

【車の場合】

西名阪自動車道/天理ICより30㎞

南阪奈道路・美原ICより高田バイパスを経由して小房より縄手町の交差点を右折。
桜井市内を経て、女寄峠を越えて当クラブへ。

美原ICから約40分・大阪市内から1時間弱で到着。

「宇陀カントリークラブ」コース概要

「宇陀カントリークラブ」は、特許取得の景観美に優れたバンカーがプレーヤーにインパクトを与える!
バンカーの傾斜砂面に十分な高さと傾斜角度を与えることで、遠隔の位置からでもバンカーを立体的にとらえることができ、プレーヤーに視覚的なインパクトを与えることで、コースに斬新さを持たせることができるバンカーの構築方法を行っております。
※対象ホール:OUT/1H、5H、6H、9H、IN/14H以外の全ホール

 

アウトコース PAR 36 ヤード数 Back: 3399Y Regular: 3213Y Ladies: 2667Y

アウトコースの特徴は、2番・4番・6番とパー3が3つあること。
9番の3段グリーンなどに代表されるように、インコースに比べるとトリッキーなホールが多い。
さらに、コース幅も狭ばめなうえに、立体的にバンカーが視界に飛び込んでくることから、難易度が高く感じられるかもしれないが、インコースのようにミドルホールが続くよりは、3つのショートホールがメリハリを与え気分転換になり、意外かもしれないがインコースよりもスコアの良いプレイヤーが多い。
アウトの5,9番のパー5ホールは、大きなアンジュレーションがあるが、思い切ったショットが楽しめる。
全体的にフラット。
 
ドラコン推奨ホール:7番
ニアピン推奨ホール:6番

No.6 PAR 3 Back186Y
滝越えの名物ショートでメンタル面で重圧のかかるホールです。
豪快な滝の音がプレッシャーとなり力んでしまうと池ポチャ・・
グリーン手前の大きなバンカーに入れるとパーセーブは困難。
風も回っている時が多く距離感が難しいが、1クラブ大きめで攻めることが無難です。

 

インコース PAR 36 ヤード数 Back: 3519Y Regular: 3429Y Ladies: 2721Y

インコースは、アウトコースに比べるとフェアウェイも広くのびのびプレーできるが、アウトコースよりもスコアを叩くプレイヤーが多い。
ショートホール、ロングホールが1つずつしかなく、ミドルホールが7ホール続く構成。
変わらぬリズムのためか時間も要し、アウトコースよりも難易度が高めだ。
17番ホールは、池越えの戦略性の高い名物パー4ホール。
各ホール、グリーン周りに、大小多数のバンカーを設け、攻略の面白さのあるアメリカンスタイルのコース。

 

ドラコン推奨ホール:16番
ニアピン推奨ホール:18番

No.10 PAR 5 Back541Y
真っすぐなロングホール。
特許取得済の真っ白なバンカーと赤・白の流線型のつつじと緑の芝生が
見事に共生している芸術的とも言えるホールです。
広々としたフェアウェイはスタートホールとして思い切りショット出来ます。
グリーンは大きく2段なので3パットに注意!

「宇陀カントリークラブ」感想

「宇陀カントリークラブ」のクラブハウスや施設は少し年期が入って古い感じですが、コースの整備も行き届いており芝の手入れも良く気持ちよくゴルフが楽しめるいい綺麗なゴルフ場です。

全体的にフラットなコースが多いのでまわりやすかったです。
また、フェアウェイが広く、心地良くドライバーが振れます。

OUTとINでは違うゴルフ場かと思うような感じでした。
インコースがトリッキーなのではないかと思います。

距離はそれほど長くはないのですが数多くあるバンカーが効いていて難易度は少し高めのコースだと感じました。
フェアウェイが広い所が多いしアンジュレーションに富みグリーン周りはバンカーが数多く配置された、とても難易度の高いコースです。

特にバンカーは、数だけでなく、ひとつひとつが大きいので要注意です。
そして、バンカーの見た目が難しそうに見えて、落としどころの戦略を考えながらのプレーは楽しかったです。

滝があったり池越えがあったりと何回行っても飽きない所です!
ラフに入ると、ボールが探しずらくなるので、何か目印を見つけておくことも必要です。

グリーンも読みと逆だったり、難しい分、グリーンに手こずりましたが面白かったです。

リモコンなしはつらいです。
でも、プレー費も安く設定されていますので、人気のコースです。
ただし、土日祝日はお昼の待ち時間が長いそうです・・・がお薦めのコースです。

 

 

 

【ゴルフ場の予約】