武庫ノ台ゴルフコース

「武庫ノ台ゴルフコース」は、兵庫県神戸市北区道場町に名匠”上田治”氏設計、羽束山を中心とする北摂連山を借景に三田平野を眼下に見下ろすロケーションを使って、1966年(昭和41年)に開場した関西屈指の伝統と風格を誇るパブリックコース。
比較的、高低差の少ないレイアウトが続きフェアウェイが広いのが特徴です。

 

 

鏑射山 (かぶらいやま)

鏑射寺三重塔 鏑射寺(かぶらいじ)は、兵庫県神戸市北区にある真言宗系単立の寺院。
山号は獨鈷山(とっこさん)。

鏑射寺を擁する山で標高 327m。
鏑射寺は、聖徳太子がその生母の里であるこの山が気に入り、伽藍を建てたことが起源であるという。
鏑矢を奉納し、鏑射寺と命名されたとされる。
581年、聖徳太子による開基。
境内の池には大賀一郎氏が1883年(明治16年生れ-1965年(昭和40年没) 明治-昭和時代の植物学者が縄文遺跡で発見した古代のハス(大賀ハス)が育てられている。

スポンサーリンク

「武庫ノ台ゴルフコース」概要

「武庫ノ台ゴルフコース」の、クラブハウスは傾斜地を利用して建てられおり、明るい色使いの大屋根が印象的でエントランス側からは平屋建ての佇まい。
コース側からは2階建てになっている落ち着きのある機能的なクラブハウスです。

ゴルフにとって風景は、重要な要素です。
フェアウェイがあり、森があり、山々の遠景が重なり合う、その景色を愛でるのも、ゴルフの楽しみのひとつ。
羽束山を中心とする北摂連山を望み、三田平野を眼下に見下ろすそのロケーションの美しい景観に見とれていると、ダイナミックなトラップ(罠)に苦しむことも否めません。

京都帝国大学・農学部で造園学を学び、アリソンのもとコース造成と設計に携わり、独自のゴルフ設計思想を育んできた、 上田治氏ならではの美しいトラップと言えるでしょう。

〒651-1503 兵庫県 神戸市北区道場町生野字北山1176-16
TEL:078-985-2361
FAX:078-985-6865
公式サイト:https://www.mukonodai.com/
経営会社:関電アメニックス株式会社設立。事業統合により、武庫ノ台事業部となる。

カード:AMEX DC JCB VISA アメックス ダイナース MasterCard 他 

開場日:1966年(昭和41年)10月01日
設計者:上田 治氏

面積:75 万㎡ 丘陵・林間コース
コース:OUT・IN 18ホール PAR 72  6,808ヤード グリーン芝:ニューベント(芝種:L93)1グリーン
フェアウエイ:コーライ、ティフトン混在 刈り方:ゼブラカット ラフ:ノシバ バンカーの数:60
池が絡むホール数:1 レギュラー:6417ヤード
コースレート:72.8(OUT・IN・ベント)

ラウンドスタイル:全組セルフプレー リモコン式・乗用カート(最新鋭のGPSナビゲーション付5人乗り)

開場時間:通常:6:30~ 夏季:6:30~ 冬季:6:40~
宅配会社:ヤマト運輸

練習場

200ヤード 20打席 バンカー練習場、パティンググリーン

車の場合

中国自動車道/西宮北ICより9㎞(15分)
西宮北ICを三田方面に降り国道176号線に出て左折。
日下部を過ぎ三田に入る手前の道場東交差点を右折。
武庫川に架かる生野橋を渡りすぐ左折しコースへ。

阪神高速北神戸線/西宮山口東ICより11㎞(20分)
六甲北道路/吉尾ICより9㎞(15分)
西宮北/盤滝出口より15㎞(30分

「武庫ノ台ゴルフコース」コース概要

「武庫ノ台ゴルフコース」は、名匠”上田治”氏の設計。
昭和41年開場の伝統ある関西屈指のパブリックコースで、パブリック選手権の地区決勝なども行なわれるゴルフ場。

ゴルフ場は327メートルの鏑射山の高台に造られています。
北摂連山の雄大な景観を借景に採り入れ、戦略性の高いコースとなっている。
巨大な一本尾根を利用しレイアウトされた丘陵・林間コース。
ティグラウンドも5つあり、上級者から初心者、レディースを問わず楽しめるコースである。

自然の地形を利用した緑溢れるコースには、フラットな地形のホールと適度にアップダウンのあるホールがバランスよく配置されている。
隣接する羽束山を借景にして設計されており、山の傾斜をそのまま利用したアップダウンのあるホールとフラットなホールが適度に配置されている。
シンプルなレイアウトながらも場所によってはフェアウェイが狭く、ボールの落としどころが限定されており、ピンポイントにショットしていく技術が求められる。

アウトもインもスタートホールと上がりのホールはアップダウンがきつく、難易度が高いホールなので要注意。
特にスタートホールでつまずいてしまうと、一日のプレーに大きく影響するので、スタートに合わせて集中力を高めておくことが求められる。

OUTコース PAR 36 ヤード数 Back: 3429Y Regular: 3250Y Ladies: 2490Y

アウトコースは各ホールとも松林等で完全にセパレートされ、コース幅も充分にあるタフなホールが多く、豪快なティショットを楽しめる。
アップダウンがあり、打ち上げの砲台グリーンへのショットが難しい。

No.3 PAR 3Back178Y
下りを見て20Y(2クラブ程度)短めのクラブを選択する。
肌で感じるより風の影響が大きいので注意が必要。
上級者は低い弾道で攻めたい。
グリーン右の傾斜がきついので、右は禁物。
大きめに攻めるほうが良い。
ピンハイまで届かせるようにする。

INコース PAR 36 ヤード数 Back: 3379Y Regular: 3167Y Ladies: 2382Y

インコースは、アウトコースよりフラットで距離も短め。
正確なショットが要求される戦略性に富んだレイアウトで、ショットの内容がスコアに反映される。

No.15 PAR 3Back194Y
フラットに見えるが、1クラブ大き目を選択する。
ワンオンには高い弾道のキャリーボールが求められる。
奥からの寄せワンねらいもOK。
ティグラウンド左手前の木が少しラインにかかるので、
ティ右サイドからのドローボールがベスト。

「武庫ノ台ゴルフコース」感想

「武庫ノ台ゴルフコース」の、クラブハウスは決して豪華とは言えませんが風格はあります。
コースの芝生やグリーンの状態も良くメンテナンスされていてグリーンもよく仕上ゲラれています。

上田 治氏設計で、パブリックを思わせない大きな樹木や赤松の残るいいコースです。尾根を使ったコースだけあって少し高台のティグラウンドからは見える景色が変わり目を楽しませてくれます。

コースは全体にフラットで景観もコースでメンテナンスも最高。
ティーアップ時の打ち出し目標が遠くの美しい山に向けられ、気分良くプレーすることが出来ました。
アウトとインでコースの雰囲気が違い、INはOUTに比べ距離は短いですし左右が狭かったです。


若干トリッキーなホール(16番)もありますが、フェアウェイも広めでドライバーで思い切り攻められます。

フェアウェイは広いのですが両側のOBが近いので適度に難しく、注意は必要かと。
距離もアップダウンもありますしドッグレッグのコースが多く、戦略性が高く、挑戦意欲の沸くコースでした。

ラフは深く入れると苦労します。
また、バンカーの砂が薄く少なめなので、砂の深さの確認を怠ると、ボールがどこかへ飛んで行ってしまいます。

グリーンはやや遅く、大きくなく、小さくなく丁度いい広さで、アンジュレーションも少くなく、ストレートラインが多い・・・しかしながら3パットを3回してしまいました。
グリーン転がりいいのでグリーンは落とし所によっては2パットが難しくなります。

池が無いのでスコアは出しやすいコースです。
このコースはウェアウェイをキープしてラフに出来るだけ入れないことですね。

距離は短めなので初心者の方でもまわりやすいと思います。
女性の方もレディースティーからは距離が短いので良いスコアがでると思いますよ。

気分転換にプレーされるのをお薦めします。