琵琶湖レークサイトゴルフコース(旧・琵琶湖大橋GC)

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」は四季の移ろいを湖面に映すマザーレイク琵琶湖。
その東湖畔で、比叡比良の山並みを望む雄大でアメリカンナイズされたフラットなリゾートコース。
コースはフラットで女性にも人気があります。
開場は1968年(昭和43年)でパブリック制のゴルフ場です。
旧・琵琶湖大橋ゴルフコースが2011年(平成23年)7月24日にリニューアルオープンして名前が「琵琶湖レークサイドゴルフコース」に変わっています。

 

 

 

【琵琶湖(びわこ)】

 

 

 

滋賀県にある日本最大の面積と貯水量を持つ湖。
一級水系「淀川水系」に属する一級河川で、河川法上の名称は「一級河川琵琶湖」。
国土交通大臣から委託を受けて滋賀県知事が管理を担う。
湖沼水質保全特別措置法指定湖沼で、ラムサール条約登録湿地でもある。

約400-600万年前に形成された古代湖であり、40-100万年前に現在の位置に移動してきた。
古くから近畿地方の水運・水利における役割を担い、文学や美術の題材となることも多い。
多数の固有種を含む豊かな生態系をもっており、環境保全活動も盛ん。
「びわ湖」「びわこ」と表記されることもあるほか、「Mother Lake」の愛称や「近畿の水瓶」の別称で呼ばれることもある。

 

スポンサーリンク

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」概要

 

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」は琵琶湖大橋近く、琵琶湖の埋め立て地に造成されたフラットな27ホールズ。
琵琶湖の沿岸に建つクラブハウスは、2011年(平成23年)7月24日にクラブハウスを含めリニューアルオープン。

クラブハウスは白を基調とした外壁が横に大きく広がり、リゾートゴルフ場のような上品で落ち着いた佇まいになっている。

以前は3コースともコーライグリーンだったのですが新生の南コースはベント化してクラブハウスも新築されています。

やや距離が短めだが、起伏が少なく、比叡山を望む琵琶湖に向かってのショットは爽快。
従来の中コース、南コースが、南アウトコース、南インコースとなり、ベントグリーン化やロングホールの新設、距離の延長により、難易度が増した。
北コースは、パー36の9ホール。
早朝ゴルフからナイターゴルフまでライフスタイルに合わせてカジュアルに楽しめます。

 

滋賀県守山市木浜町2300
TEL:077-585-1321
FAX:077-585-3886
運営会社:㈱アヤハゴルフリンクス
公式サイト:https://ayahagolf.co.jp/biwako/

カード:AMEX DC JCB UC VISA オリコ MasterCard

開場日:1968年(昭和43年)11月01日
設計者:自社

コース:中コース PAR 34/2,525Y ・ 南コース PAR 34/2621Y ・北コース PAR 36/3317Y
グリーン:ベント(ペンクロス)1グリーン フェアウェイ:芝の種類/その他  刈り方:1方向カット
ラフ:ノシバ バンカーの数:54 レギュラー:7986ヤード

ラウンドスタイル:全組セルフプレー、自走式、4人乗り乗用(GPSナビ付)カートでのラウンド。
※カート乗り入れOKですが、状況により不可の場合あり(当日お問い合わせください。)

中~南18H・南~北18H・北~中18Hでのラウンドスタイル

 

 

 

【練習場】

25ヤード 5打席 パティング練習場

 

 

 

【車の場合】

ゴルフ場へのアクセス

名神高速道路/瀬田西IC 18 km
瀬田西ICで降り瀬田の唐橋手前を右折、湖周道路を直進して琵琶湖大橋手前にコース。
京都東ICから西大津バイパス経由の方が時間帯により早い場合がある。
京都東ICから約20㎞。

 

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」コース概要

 

 

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」は広大な敷地に、北・中・南と3つのコースを擁するゴルフ場です。
こちらのゴルフコースは、フラットで見通しのよい真っ直ぐなホールが多いのが特徴。
ゴルフ初心者でも楽しめるコースレイアウトになっている。
コースは全体がフラットで真直ぐなレイアウトが多いので、初心者でも安心してプレーを楽しむ事ができす。
ただし、注意しなければならないのが、池の配置とグリーン周り。
元は琵琶湖の一部を埋め立ててできた土地であり、大小の池が多く点在する。
また、2011年(平成23年)のコース改修工事によりグリーンが砲台化され、グリーンへのアプローチは難しくなっている。
攻略する際のポイントは距離感。
全体がフラットな分、ピンがかなり近くに感じられるが、しっかりとした距離があるため、打つ前にはGPSで距離を確認することをお勧めする。

 

北コース PAR 36 ヤード数 Back: 3286Y Regular: 3121Y Ladies: 2537Y

 

No.3 PAR 3Back121Y

グリーン手前の池、左右の切れ込みに注意。
距離は短いが、風の影響を受けやすい。
グリーン奥からのアプローチ、パットも気が抜けない。

 

中コース PAR 34  ヤード数 Back: 2525Y Regular: 2390Y Ladies: 2167Y

No.7 PAR 4Back304Y

ティーショットはフェアウェイセンターのバンカーに注意。
二打目は確実にグリーンセンターへ。
グリーンを外すと、周りからのアプローチは寄せがむずかしい。

 

南コース PAR 34 ヤード数 Back: 2621Y Regular: 2475Y Ladies: 2250Y

No.4 PAR 4Back342Y

右ドッグレッグのミドルホール。
ティーショットはフェアウェイセンター狙い。
右を狙いすぎると、二打目が木超えのむずかしいショットに。

 

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」感想

「琵琶湖レークサイドゴルフコース」は約20年ぶりにまわりました、全てがグレードアップされています。
琵琶湖の青にマッチした淡い色あいの、クラブハウス、吹き抜けのロビー、2階のレストランからは琵琶湖の眺望が楽しめます。
ロッカールームやお風呂などの設備などきれいになっており清潔感がありました。

脱衣場に設置しておりました「ビニール袋」や「使い捨て歯ブラシ」の提供はありませんので、【ランドリーエコバッグ】を自分で用意する必要があります。

コースの印象はきれいに整備されており、手入れも行き届いておりますが、フラットのコースで距離が少し短くOBが出やすいコースで初心者向きのコースだと感じました。
ただ、短すぎて距離が出る人には少し満足感がないかも・・・。
パー4は300Y前後の短いホールが多く、フラットで変化に富んでいるわけではないけど、アプローチの精度が悪い時にはスコアが出ません。

グリーンの微妙なアンジュレーションが読みにくくそれなりに難しいのですが、甘く見てはいけません。
アプローチがスコアを左右するコースでしょう。

全体的にフラットで距離が短いのですが、曲げると意外と簡単にOBやワンペナになりますのでOB杭やワンペナ杭の位置をもう少し奥にしてほしいです。

グリーンが台地のように作られており、グリーン周りのアプローチがやや難しいです。
グリーンが繊細で渋い面白いグリーンです。

北は距離が多少長いので苦戦しましたが池やバンカーが絶妙に配置されていて戦略的でもあり面白かったです。
ラフに入るとボールが見つけにくいのでご注意。

中コースはドックレックが多く、飛距離の出る方はドライバーは握ることが少ないと思います。
また、フェアウェイ、グリーンはとてもコンディション良く、メンテナンスされており、気持ち良く楽しく回れました。
価格もそれなりにリーズナブルに設定されておりますので、土日は込んでいるようです。